最新情報

2018年

5月

21日

「関西ワンパス」利用の訪日客から見えてきた 奈良の人気急上昇 でも宿泊は大阪・京都!

奈良が人気急上昇、外国人客に でも宿泊は大阪・京都で

(朝日新聞デジタル 2018年5月17日)
https://www.asahi.com/articles/ASL5J54CFL5JPLFA006.html
交通系ICカード「関西ワンパス」(3千円)の販売数も前年比約3倍となったようだ。
乗降駅の履歴を見ると「大阪、京都、奈良」相互間が増加し、奈良県は4万8千人が訪れ3.6倍と最高だった。
最後に降車した駅≒宿泊地とみると、京都市訪問では京都府宿泊が68.1%、大阪府が29.4%、奈良市訪問では大阪府宿泊が69.7%、京都府が21.8%だったという。
2016年に販売した「関西ワンパス」が2017年に利用されたものが3割あるといい、リピーター利用が進んでいるようだ。リピーターは1週間以上の利用が28.9%だった。
「関西ワンパス」が利用されるのは、お得な乗車券だからではなく、「JRと私鉄が1枚で利用できる」利便性にある。

「KANSAI ONE PASS」のデータ分析結果
http://wwwtb.mlit.go.jp/kinki/content/5pdf18-21.pdf
・カード利用日数は平均5.2日。カード利用回数は一回の旅行あたり平均31.1回。利用金額は平均4,638円。
・関西2府4県内で3府県以上を訪問した利用者は約4割。
・滞在時間は、大阪府が約61時間で最大、奈良県が約5時間で最小。京都府が約30時間。
・2017年4月〜12月アクセス分(約20万ユーザー、約140万ページビュー)のうち、「優待スポットリスト検索ページ」が16万PVが最多。
・満足度は「JRと私鉄が1枚で利用できる」が90%と、利便性に大きな評価を得ている。
【ポイント】
訪日客限定の交通系ICカード「関西ワンパス」の利用状況を調べたところ、2017年4~12月の関西6府県では、奈良県への訪問者が前年比3・4倍と最も伸びた。ただ、滞在時間は最短で、日帰り旅行が多いとみられる。

交通系ICカード「関西ワンパス」は各鉄道などで使えるもので、16年4月に導入された。
2017年4~12月に販売された13万3千枚のカードの、乗降駅の履歴から訪問した府県を調べた。
カード販売が前年比約3倍となり、各地の訪問も軒並み増加。
なかでも、奈良県にはのべ4万8千人が訪れ、伸び率では大阪府(3・0倍)や京都府(2・6倍)、兵庫県(2・5倍)を抑えて3・6倍と最高だった。

滞在時間は大阪府が61・4時間で1位。京都府(30・2時間)、滋賀県(10・5時間)と続き、奈良県は4・6時間で最短だった。
奈良市を訪れた旅行者の7割弱が大阪府、2割強が京都府に宿泊しているのが理由とみられる。

ワンパスの利用者は個人旅行者が中心で、地域別では台湾、中国、香港、韓国からが多いという。
訪問者数や滞在時間は依然として大阪府と京都府に偏っているため、運輸局や関経連は「周遊エリアの拡大に向けた官民一体の対策が必要だ」とする。

 

2018年

5月

20日

「この夏、日本の「匠」を感じる旅に出てみよう」と中国メディアが報じた!

この夏、日本の「匠」を感じる旅に出てみよう=中国メディア

(Searchina  2018-05-17)
http://news.searchina.net/id/1659526?page=1
訪日中国人の観光のポイントが大きく様変わりしてきている。
中国人は寺社の建造物や書の文化は、中国から日本に伝来したものであり、中国が親であるような意識が高かったが、訪日して1300年前の東大寺や法隆寺を見て、現在も変わらぬ美しさを保っていること、日本人が大切にしている心に感動するという。
奈良公園の鹿も人気ではあるが、鹿だけで奈良をおとづれているのではないと認識しなければならない。
【ポイント】
中国メディア・東方網は、「間もなく夏がやって来る、日本に行って日本の匠の文化を感じよう」とする記事を掲載した。

最初に挙げたのは、奈良の東大寺だ。752年に聖武天皇が大仏を祀るため、そして日本の寺院の総本山として建てられたものであり、ユネスコの世界文化遺産にも登録されている文化財であると紹介。
また、鹿で有名な奈良公園には、古の香りを色濃く残す建物や史跡が林立していると伝えた。

続いては、天下の台所・大阪で「匠」を感じる場所として大阪城を紹介。
「豊臣秀吉が1586年に建造したもので、雄々しい石壁が築かれている。また、大阪城公園の中央にそびえ立つ大阪城の天守閣は実に壮観である。そして、場内にある歴史博物館には豊臣秀吉の木像や武器、美術作品が保存されているのだ」としている。
日本の古都として広く世界に知れ渡り、外国人観光客が後を絶たない京都では、清水寺と平安神宮の建築や庭園について言及している。
清水寺については「本堂の舞台は139本の大きな木の柱で支えられており、寺の建築は実に巧妙で、釘一本使われていない。何度訪れても、訪れるたびに新たな発見があるのが清水寺なのだ」と説明した

記事は最後に、日本を象徴する名峰・富士山にまつわる「匠」スポットとして、静岡・御殿場にある富士仏舎利塔平和公園を紹介。
「典型的な日本庭園の中に、アジア各国の平和を愛する人々が寄贈した各種仏教関連の飾り物が収められている。また、錦鯉を鑑賞することもでき、富士山の絶景を堪能する最適な場所なのだ」と伝えている。

 

2018年

5月

19日

2018年4月の訪日客数は12%増の290万人、年間累計では1000万人突破!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【図解】訪日外国人数、2018年4月は12%増の290万人、年間累計では1000万人突破 ―日本政府観光局(速報)

(トラベルボイス 2018年5月18日)
https://www.travelvoice.jp/20180518-111108
訪日外国人の増加率こそ低下してきているが、訪日客数は確実に増加しており、1月から4月の間で過去最速で1000万人超え、1051万9000人となった。
中国68万3400人、韓国63万8500人とツートップは変わらない。
2018年の年間訪日客数は3000万人は下りそうにはなさそうだ。
【ポイント】
2018年4月の訪日外国人数(訪日外客数:推計値)は前年同月比12.5%増の290万1000人。前年同月(257万9000人)よりも30万人以上うわ回り、4月として過去最高を記録した。
1月からの累計は前年比15.4%増の1051万9000人となり、過去最速での1000万人超えとなった。
中国68万3400人(29.2%増)、韓国63万8500人(15.1%増)、台湾47万人(13.7%増)、香港17万9900人(14.1%減)。

調査対象市場のうち、台湾、タイ、フィリピン、ベトナム、インド、フランス、ロシアで単月最高を記録。
また、韓国、中国、シンガポール、マレーシア、豪州、米国、イタリアでは4月として過去最高となっている。

4月は新規就航や増便、チャーター便の運航、航空座席供給量の増加といった航空路線拡充に加え、日本の春の魅力を訴求したプロモーションが功を奏し、訪日意欲を喚起したとしている。

2018年

5月

18日

京都市「観光振興計画」 「外国人宿泊」1.08泊→3泊「観光消費額目標」1兆3千億円に上積み!

「外国人宿泊」1・98泊→3泊に…混雑やマナー悪化の方策も 京都市が計画上方修正

(産経新聞 2018.5.17)
http://www.sankei.com/west/news/180517/wst1805170017-n1.html
京都市は「5000万人観光都市」を2008年に達成し、さらに「世界があこがれる観光都市」への決意を込めた「観光振興計画」を見直した。
外国人観光客の平均宿泊日数目標を3泊に引き上げ、観光消費額目標も1兆3千億円に上積みし、滞在型観光を促進するという。
外国人の急増に伴い、混雑やマナーの悪化、無許可民泊などの課題も表面化しており、混雑緩和やマナー啓発にも取り組むようだ。
【ポイント】
京都市は、平成26年に策定した「観光振興計画2020」における外国人観光客の平均宿泊日数の目標を1・98泊から3泊に引き上げると発表した。
同時に、外国人の急増に伴う混雑やマナーの悪化が問題となっていることから、市民生活との調和に向けた方策も盛り込んだ。

京都市では28年、外国人宿泊客数が318万人(目標300万人)、観光消費額が1兆862億円(同1兆円)となり、同計画で掲げた目標を4~5年前倒しで達成した。
ビザ発給要件の緩和やLCCの相次ぐ就航などを受け全国的に訪日外国人が増えたことが背景にあるが、市は通訳ガイドの導入など地道な取り組みが成果につながったとしている。

京都市は観光消費額の目標を上積みして1兆3千億円とし、宿泊日数の引き上げは日帰りよりも滞在型の観光を促し、観光消費額の上乗せは、経済波及効果の高い飲食費やさまざまな体験費用などで底上げする。

一方で、外国人の急増に伴い混雑やマナーの悪化、無許可民泊などの課題も表面化している。
そこで、市民生活と観光振興との調和を最優先課題とし、観光地における混雑緩和や外国人のマナー啓発など新たな27事業を同計画に盛り込んだ。
市域中心部だけでなく山科、伏見両区など観光客が少ない地域へ誘客し、携帯電話位置情報などのビッグデータを活用して観光地の混雑状況をリアルタイムで発信し、混雑の分散化を図るという。
京都市の「観光振興計画2020」は、東京五輪・パラリンピックの平成32年度を達成年度として策定された。
京都観光振興計画2020
http://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000175730.html

 

2018年

5月

17日

初めての訪日旅行で 個人旅行を選ぶうえでのポイント!

初めての日本旅行なら、「ツアーと個人旅行」のどちらが良い?=中国
(SearChina 2018-05-05)
http://news.searchina.net/id/1658718


訪日中国人もリピート客が増えており、2回目以降の訪日旅行では、個人旅行を選ぶ人が増えているという。
個人旅行を選ぶうえで、「計画を立てるのが好きか」「道に迷うのも旅行の醍醐味と思えるか」「言葉が通じなくてもボディーランゲージで伝えられるか」「1日に1つか2つの観光地で満足できるか」「食いしん坊であるか」「お金の計算ができるか」が重要だと指摘していると述べている。


【ポイント】
中国メディアの今日頭条は、「初めての日本旅行はツアーと個人旅行のどちらが良いのか」と題する記事を掲載した。判断するにあたって6つの質問に答えることが役に立つという。
ツアーも個人旅行も一長一短がありどちらが良いとは言い切れないと指摘。

「計画を立てるのが好きか」 
個人旅行は、すべて自分で日程を考えて手配しなければならず、それができなければ、ツアーの方が良いとした。
「道に迷うのも旅行の醍醐味と思えるか」 
ツアーは観光バスでの移動がほとんどで楽だが、公共乗物に乗る個人旅行は、楽しみも多いが道に迷うことも多い。
「言葉が通じなくてもボディーランゲージで伝えられるか」
日本では英語があまり通じないため、筆談とボディーランゲージでコミュニケーションがとれる自信があるかが問題。
「1日に1つか2つの観光地で満足できるか」
ツアーなら効率的にバスでいろいろな観光地へ行けるが、日程がタイトなため写真を撮る時間しかないことも多く、ゆっくりしたいなら個人旅行だ。 
「食いしん坊であるか」
個人旅行なら、注目の居酒屋や小さな食堂にも行けるが、ツアーでは食事の場所がすべて手配済みのことが多い。
「お金の計算ができるか」
個人旅行のほうが出費は多いが、支出をどこで引き締めてどこでぜいたくをするかを決められる利点があり、計算が面倒な人は逆にツアーにすると良い。

個人旅行というと、細かな計算と調査、予定、予約が必要で大雑把な中国人には向いていないように感じるが、旅行にはアクシデントがつきものである。たとえ初めての日本で日本語ができなくても、たくましい中国人なら個人旅行でもなんとか乗り切るのかもしれない。今年も多くの中国人旅行者が日本にやってくることだろう。