2019年

11月

12日

「独身の日」アリババの購入額4兆1000億円 中国EC市場にアプローチする手法!

中国EC市場に効果的にアプローチする手法とは?最新の消費者トレンドから商習慣までサポート企業に聞いてきた

(トラベルボイス 2019年11月10日)
 
 
今日11月11日は、中国最大のECショッピングの祭典「独身の日」。アリババの取扱高は過去最高の2684億元(約4兆1000億円)前年比で25%増を記録した。
中国へ進出しようとする日本企業にとって、中国の商慣習、消費者の行動、ECの仕組みなどが異なるため、アプローチが難しいという。その橋渡し役を務めるオンラインリテールサービス会社へのレポートだ
訪日中国人の消費行動は、「爆買い」から「自分の買い物」に移行しているが、購買意欲はまだまだ旺盛だ。
今年の国慶節期間中、訪日中国人観光客によるアリペイの取引件数は前年比124%増だという。
訪日して購入する商品と越境ECで購入される商品、いずれも上昇基調にあるようだ。
 
 
【ポイント】
今年も11月11日には中国最大のECショッピングの祭典「独身の日」をむかえる。
アリババでは5億人超の参加ユーザーと予測。
 
日本企業にとっては、中国の商慣習、消費者の行動、ECの仕組みなどが異なるため、アプローチが難しい。
その橋渡し役を務めるのが上海をベースとする第一秒(D1M)電商科技。2012年に設立されたオンラインリテールサービス会社
日本や欧米のEC市場では、自社ウェブサイト上で自社商品を販売するか、楽天、Yahoo!ショッピング、アマゾンなどのモール型ECサイトを活用するのが一般的。楽天やYahoo!ショッピングでは、各ブランドが「テナント」として出店。アマゾンではブランドがそのマーケットプレイスに商品を「出品」する。
一方、中国ではサプライヤーが直営店を出すプラットフォーム型が主流。「中国にはプレイヤーがあまりにも多く、オンラインリテールの施策も山ほどある」ため、サプライヤーは効率的にリテールを展開するために、トラフィックの多いプラットフォームに出店する。
コーポレートサイトも存在するが、そのトラフィックは大手プラットフォームの10分の1以下という。
アプリ制作を望む海外企業は多いが、中国人消費者にアプリをダウンロードさせること自体ハードルが高い。
中国人は最初の消費行動としてプラットフォームに買い物に行く。WeChatをダウンロードしておけば、スーバーアプリ化したWeChat上でワンストップで可能。そうした動きは消費者にとって習慣化していると話す。
中国で最も影響力のあるECサイトのひとつは、アリババグループの「Tmall(天猫)」だ。このプラットフォームに各企業が直営の旗艦店を出店する。しかし誰でも出店できるわけではなく、「アリババとの取引は相当ハードルが高い」という。偽物や非正規品を排除し、中国人ユーザーに期待に応えるため、出店には厳格な審査がある。
Tmallへの出店自体が、その企業の中国における強力なブランド力にもなる。
重要な役割を果たすのが、D1MのようなTmallパートナーだ。
D1Mは、Tmallと企業の間に入り、Tmall上にページを作り、製品を掲載するオペレーションから、広告のリスティングやコンテンツマーケティングをワンストップで提供する。
Tmallパートナーは1000社ほどあるという。D1Mが手掛ける領域は、ラグジュアリーブランド、ビューティー/パーソナルケア、ライフスタイル、ファストファッションの4つ。Tmallパートナーとしてのビジネスは一部で、総合的なオンラインリテールサービスを展開している。「ブランド側にとって最善のソリューションを提案。ブランドによってはWeChatがいいところもあれば、中国でのコーポレートサイト立ち上げが有効な場合もある」と話す。
現在、D1Mが提携している企業/ブランドは約130社で、そのうち9割がグローバルブランドだ。
日本市場については、中国から日本へ進出する企業のサポートは5年前から、日本から中国へは3年前から開始した。現在取引がある日本企業はまだ10社ほど。
日本の企業へのサポートは、コーセーや資生堂など中国の現地法人のサポートで、中国国内の会員システムやコーポレートサイトの構築などを手助けする。また中国国内でのリブランディング。
千趣会の提携では、同社のベビー・子供向けアパレル領域におけるプライベートブランド商品の販売拡大に向けた取り組みを開始した。現在、ミラノやニューヨークなど6都市に事務所を構えるが、日本事務所も準備している。
 
中国市場への進出を画策している日本企業は多いが、「中国でビジネスを展開する場合、インハウスだけではオペレーションは回っていかない。マーケティング、ブランディング、販売を展開するには日本だけのコントロールでは無理だろう」という。
「日本国内の成功体験を中国に持ってきてもだめ」。中国はここ20~30年で急速に発展し、ビジネスのやり方も変わってきた。「中国市場に参入するときは、中国に歩み寄るマインドセットがあれば、成功する確率は上がる」。
中国人の消費マインドもダイナミックに変化。子供から老人まで消費行動はデジタル化し、若者(Z世代)はユニークなものを求めているという。消費態度として「理念のあるブランドに憧れる」「自信の趣味のために消費」「自身の能力の範囲内で消費」「SNSでコンテンツや情報を能動的に探す」「国内ブランドも海外ブランドと見劣りしていない」の5つを挙げ、「専門性や理念をバリューとして取り入れる」「消費者の趣味の領域と結びつける」「前借りの心配を軽減する」「インタラクティブが生まれやすいコンテンツ」「ニーズをローカライズする」の5つのポイントを提言した。
訪日中国人旅行者による「爆買い」は落ち着き、その消費行動も「モノ消費」から「コト消費」に変化していると言われているが、それでも購買意欲は旺盛だ。アリペイによると、今年の国慶節期間中(2019年10月1日〜7日)、日本での中国人観光客による取引件数は前年比124%増となり、海外旅行先別の取引件数ランキングで初めて世界第1位となった。一人あたりの消費額も同15%増と引き続き消費意欲は高い。
 
 
オンラインリテールサービス会社「第一秒(D1M)電商科技」パートナーシップ担当ディレクターの戚丽文(せき・れいぶん)氏へのヒアリングレポート。

 

2019年

11月

11日

ドンキの韓国人観光客が激減 免税客数も売上高も大幅減少!

ドンキの韓国人観光客が激減! 客数で台湾に抜かれる寸前まで下落

(ITmediaビジネス 2019年11月7日)
 
ドン・キホーテを訪れる韓国人観光客が激減している。19年4~6月の韓国の免税客数は約40万人、7~9月は約20万人に減少だという。
7~9月の国の訪日韓国人は、観光客数107万人(-36.2%)、旅行消費額915億円(-32.4%)と減少しており、ドンキの減少幅にほぼ比例しているようだ。ドンキも日韓対立の影響は免れなかった。
 
 
【ポイント】
ドン・キホーテを訪れる韓国人観光客が激減している。
19年4~6月の韓国の免税客数は約40万人だったが、7~9月は約20万人に減少。安定的に増え続けている台湾に抜かれそうな状況になっている。
免税売上高にも影響が出た。
7~10月におけるASEAN(タイ、ベトナム、フィリピン、インドネシア、シンガポール、マレーシア)と米国・英国・オーストラリアの免税売上高成長率は大きく伸長している。中国と台湾はほぼ横ばいだ。
一方、韓国は大幅なマイナス成長となった。
免税客数と免税売上高成長率はいずれも事業会社「ドン・キホーテ」が運営する店舗のデータが対象。
「韓国人観光客の入国者数の減少が影響している」とコメントした。
JNTOによると7~9月の訪日韓国人観光客数は107万人(前年同期比マイナス36.2%)。
観光庁によると7~9月の訪日韓国人観光客の旅行消費額は915億円(同マイナス32.4%)だった。
訪日外国人観光客に絶大な人気を誇るドンキも、日韓の政治的対立の影響は免れなかった。
ドンキ運営会社のパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)が11月6日に公表した「2020年6月期第1四半期連結業績説明資料」

 

2019年

11月

10日

日本の地下鉄は興味深い 独特の文化として進化した! =中国メディア

日本の地下鉄は興味深い! これはもはや日本独特の文化だ=中国メディア

(Searchina   2019年11月4日
日本の「地下鉄文化」や「鉄道文化」は、利用客が多く、列車本数も多いため、発車メロディーが違い、乗車券の種類が豊富で、女性専用車や弱冷房車などサービスが進化してきた。
駅員が礼儀正しく規律に厳しいのは素直に喜びたい。
しかし「図書館のように静かなこと」、理由はスマホを持って自分の世界に入り静まり返っているとの指摘は喜べない。
【ポイント】
中国人旅行者は、日本の地下鉄に乗ると中国との違いを感じることが多いと、中国メディアの今日頭条は記事を掲載した。
日本の地下鉄の8つの特徴
1つ目は「図書館のように静かなこと」だ。ほとんどの人がスマホか本を持って自分の世界に入り、静まり返って、針が落ちる音でも聞こえるほどだと強調した。
2つ目は「駅員が礼儀正しい」こと。
3つ目は、乗客のニーズに合わせて「車両の種類が多い」こと。女性専用、弱冷房車などがあり、乗客本位のサービスだと感心している。
4つ目は、「痴漢に厳しい」こと。中国では見られない痴漢防止のポスターやコマーシャルがある。
5つ目は、「駅がショッピングモール」になっていること。駅にはレストランや書店、ホテル、文具店など「何でもあって面白い」と魅力を伝えた。
6つ目は、「乗車券の種類が豊富」なこと。
7つ目は、駅によって「発車メロディーが違い」興味深いこと。
8つ目は、「椅子が座り心地良い」こと。
最後は、「広告」が多いこと。中国でも大都市では大型広告があるものの、日本では空きがないほど広告で埋まっていると伝えた。

日本独特の「地下鉄文化」や「鉄道文化」は非常に多く、細かなところを挙げていけばきりがない。
これは日本の鉄道の歴史が古いこととも関係があるのだろうと分析している。日本には鉄道ファンが多いというのも、日本の地下鉄や鉄道の独特の魅力を示していると言える。中国人旅行者も日中の違いも楽しんでほしいものだ。

 

2019年

11月

09日

インバウンド客に大人気の「ラーメン食べ歩きツアー」に密着取材!

歴史や文化も伝える、インバウンド客に大人気のラーメン食べ歩きツアーに密着取材

(やまとごころ 2019年9月4日)
「ラーメン食べ歩きツアー」3時間コース、一人12,000円。
海外のラーメンは豚骨ラーメンがほとんどを占め、日本の醤油、味噌、鶏ガラ、魚出汁などのラーメンに驚くという。ツアーでは6種類を約3時間で食べ歩く。イラスト入りの小型パネルでラーメンの歴史、種類、味の構成、最近のトレンドなどを紹介するのが人気の秘密のようだ。
3~4月が一番多く、英語対応なのでアメリカ、オーストラリア、イギリスが多いという。
通訳案内士制度が緩和され、外国人ガイドが増えるなかで、ディープな日本の紹介も増えそうだ。
【ポイント】
ラーメン食べ歩きツアーを行っているアメリカ人のフランク・ストリーグルさんの同行レポート。
フランクさんは、親の仕事の都合で日本に少年期から住んでいて、大学のときにアメリカのミネソタ州に渡ったが、卒業後、日本に戻った。ラーメンとの出会いは少年期にまでさかのぼり、日本人男性と同じようにラーメン好きになった。
英語ブログにラーメンの食べ歩きを2016年から投稿しており、都内のラーメン店にも精通している。
Airbnbのラーメン食べ歩きツアーは2018年1月に開始した。それまで通訳案内士制度が壁になって、ガイドをすることはなかったが、法律が変わり、誰でも報酬を受けて案内ができるようになったのがきっかけだった。東京に長く住んでいたので日本語もでき、知識も豊富だ。 
Airbnbからの引き合いが多く、3時間のコースは一人12,000円だ。自社のラーメンブログのページなど、ダイレクトブッキングのページからの予約もあり、旅行会社からの相談も増えつつあるという。
ツアーづくりにあたっては、気に入ったラーメン店に何度も足を運び、協力してもらう交渉を進めた。
ツアー客は3~4月が一番多く10名近くになることも珍しくない。
一番多いのがアメリカで、オーストラリア、イギリスの順に続く。アジアからも増えているが、英語を話せる方のみの対応だ。レビューも多く、楽しかったという意見が多い。
 
ツアーは中目黒駅近くのラーメン店で2種類、恵比寿駅近くのラーメン店で2種類、渋谷駅界隈のラーメン店でまた2種類を食べ、6種類のラーメンを約3時間のツアー中に食べることができる。
ツアー用に開発された小型どんぶりになっていて、若い参加者なら軽くたいらげてしまう。
ツアーの特徴はフランクさんによるラーメン解説だろう。イラスト入りの図解した小型パネルを持って、ラーメンの歴史、種類、味の構成、最近のトレンドなどを紹介している。
海外で普及しているラーメンは、ほとんどが豚骨ラーメンだ。だから醤油や味噌、鶏ガラ、魚出汁という存在に驚かれる。豚骨ラーメンも、赤、黒、白、緑から選ぶ。赤は、辛い豚骨、黒はゴマ豚骨、白は一般の豚骨、緑はバジル入りのイタリア風豚骨だ。豚骨ラーメンだけでも実にバラエティーに富んでいるので大喜びだという。
ラーメンが出るまでの待ち時間、自分だったらどんなラーメンを作るかというアンケートがあり、麺、出汁、味、トッピングなど、好みを選ぶ。それを発表する。アメリカ人はアボガドを入れたいと提案など、日本人にはない発想に驚く。
アメリカではラーメンの人気が上がっているという。ニューヨークのラーメンは20~25ドルもして、なかには行列のラーメン店もあり、長いと2時間も待つことがあるそうだ。日本は割安感があって、いろいろな味が楽しめるので大満足という。
このようにエッジがきいた体験プログラムを開発する外国人ガイドが増えることで、ディープな日本を紹介できるだろう。

2019年

11月

08日

Reluxを利用した訪日旅行者、10回以上が半数以上 目的は「温泉」「食事」!

2019年上半期 インバウンド旅行動向調査、ポップカルチャー目当ての訪日多数、旅行予算配分はエリアによって違いも—Reluxトラベルラボ

(やまとごころ 2019年10月31日)
宿泊予約サイトReluxを利用した中国、香港・台湾、韓国、英語圏からの訪日旅行者の、半数以上が日本を10回以上訪れるリピーターだという。
訪日理由は「温泉」「食事」が多く、温泉を楽しむため「宿泊」に費用をかけている。
温泉人気は上昇が続いており、キラーコンテンツになったようだ。
【ポイント】
宿泊予約アプリ「Relux」を運営するLoco Partnersの調査機関「Reluxトラベルラボ」が、
2019年4月1日から9月30日までに宿泊予約サイトReluxを利用した、中国、香港・台湾、韓国、英語圏から訪日する旅行者の動向によると、日本を10回以上訪れたことのある旅行者が、全エリアで半数以上になり、「5〜9回」も2番目に多く、数多いリピーターが存在することがわかった。
香港・台湾から訪れる旅行者の回数がもっとも多く、日本を選んだ理由は「温泉」や「食事」のほか「ポップカルチャー」が目立った。訪日旅行の楽しみ方に趣味的要因が加わっているようだ。
「温泉」「食事」が多く、温泉を楽しむため「宿泊」に費用をかけていることが窺えるが、旅行費用のかけ方はエリアによって違いが見える。中国は「宿泊」重視で「テーマパークや観光」は軽め、英語圏は「宿泊」「買い物」「食事」「テーマパークや観光」にバランスよく費用を使っている。
旅行前の情報収集は、中国と英語圏では「SNS」、香港・台湾は「旅行本」と「ブログ」、韓国は「ブログ」と「SNS」が多く使われている。
また、中国、香港・台湾、英語圏では30%以上が「友人・知人」と答えており、口コミも有効のようだ。全エリア共通でもっとも少なかった方法は「旅行代理店」だった。