『遊ぼうKANSAI』サイトのオープンとシンポ開催

いよいよ『遊ぼうKANSAI』という観光・まち遊びサイトがオープンいたします!

オープン日:10月25日(水)
サイトURL: http//www.asokan.jp  (オープンまで閲覧できません)

 


サイトオープン日に合わせて下記のシンポジウムを開催いたします

今、京都は注目に値します。
京都府は、『自治体観光クラウドと京都観光』に、京都市の歩くまち推進室は、『歩くまち京都』というシステムを運用開始し、新しい『京都のおもてなし観光』に取り組もうとされています。

今回は、京都府・京都市の観光関連三政策監がそろい踏みされる機会ですので、
ご参加のほどお願い申し上げます。
定員は50名となっておりますので、早めの申し込みをお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新しい『観光』の幕開けを創造する! 〜 東京オリンピックと京都(関西)の観光を考える 〜

2020年東京オリンピックの開催が決定しました。東京オリンピックの開催に向けたインフラ整備が時の話題になっていますが、日本に来られた外国人の方々に「日本に行って良かった」「日本は素晴らしい国だ」と言ってもらわなければ、オリンピック開催の意義がありません。オリンピックに来られた外国人の方々は、東京にとどまるだけではなく、京都そして関西を『観光』されることになるでしょう。「日本に行って良かった」との感慨を持っていただくのに一番必要なのは、「おもてなし」の心、ホスピタリティだと思います。
その外国人の不満のトップにWiFi環境の不備があげられています。そして、公共交通を利用した移動方法のわかりづらさや現地情報が検索し難いことも上位にあげられています。
本シンポジウムでは、ICTを活用した新しい『観光』の取り組みをご紹介するとともに、今後の京都、そして関西の『観光』のあり方について考えたいと思います。

日時 : 平成25年10月25日 (金) 13:30〜17:00
場所 : ホテル セントノーム京都   TEL:075-682-8777
     (JR京都駅南口東出口から東方向へ100メートル)
      http://www.centnovum.or.jp/
定員 : 50人
参加費: 無 料

プログラム(案)  テーマは仮題、敬称略
    13:30~13:40  開会挨拶 KANSAI@CANフォーラム 
運営委員長(野村靖仁)
    13:40~14:10 『自治体観光クラウドと京都観光』
(京都府観光政策監 松村明子)
    14:10~14:40 『歩くまち京都の新展開』
(京都市交通政策監 堀池雅彦)
    14:40~15:10 『京都のおもてなし』
(京都市観光政策監 村上圭子)
    15:10~15:40 『遊ぼうKANSAI』
(NPOスマート観光推進機構理事長 星乃勝)
    15:50~17:00 パネルディスカッション
『東京オリンピックと京都(関西)の観光を考える』
        コーディネーター 清水宏一 (関西ベンチャー学会常務理事)
        パネラー(上記4者)松村明子、堀池雅彦、村上圭子、星乃勝

主催 : 関西ベンチャー学会(文化資産研究部会)、KANSAI@CANフォーラム、

      NPOスマート観光推進機構
共催 : NPO地域情報化推進機構
申込先: 下記のmailアドレスにお申し込みをお願いいたします。
     e-mail:nakagawa@irid.jp(KANSAI@CANフォーラム事務局 中川)