究極のお土産

旅のきっかけにつながる「究極のお土産」9品が選ばれたそうです。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■旅のきっかけにつながる「究極のお土産」を発掘するため、11月29日に「世界にも通用する究極のお土産フォーラム」を開催し、747品の応募の中から、最終選考で9品が選定されました。
 
■9月に地域の特産物をいかしたお土産の公募を行ったところ、全国から747品の応募があり、一次審査を通過した115品のノミネート商品の中から、著名な目利き10人が1人1品ずつを選定しました。
 
■「究極のお土産」ノミネート115品及び「究極のお土産」選定9品は、「タビカレ」サイト内でのご紹介や「タビカレ」イベントでの販売等を行う他、「究極のお土産」自体がその地域を旅する動機づけとなるよう、様々な取組を行っていきます。
【究極のお土産に選定された9品】
・「塩麹と酒粕の北海道二段仕込み」       くまだ株式会社
・「秋田しょっつる十年熟仙」            諸井醸造
・「T五」                         薄氷本舗五郎丸屋
・「鮎のリエット・白熟クリーム」           株式会社泉屋物産店
・「若狭の甘鯛千枚」                 小浜海産物株式会社
・「湖のくに生チーズケーキ」            社会福祉法人あゆみ福祉会
・「郷愁の柿」                     石井物産株式会社
・「オイル・ルージュ」 「オイル・ポニーフィッシュ」 ふるさと萩食品協同組合
・「なると金時 おいもさん鳴門っ娘」       有限会社 鳳月坊
 
観光庁HPより
http://www.mlit.go.jp/kankocho/news05_000169.html