落語家と行く「なにわ探検クルーズ」は楽しおまっせ!

「川の環状線コース」は、なんば湊町リバープレースの乗船場から出発して、

道頓堀川を西に進み、京セラドーム球場(大阪ドーム)が見えたら木津川を北上、

そして堂島川を東に進み、中之島公園の東端を見たら、東横堀川を南に進み、

道頓堀川を西に進み、

ロの字型で回遊するんです。

 

川から見る中之島公園と道頓堀は特に素晴らしいですが、

もう一つの見所が2ヶ所の水門です。

海側の水位が海の潮位で変化するので川の水位が異なるのです。

この水位を調整するため水門のなかに船を進め、

船が水門に入ると、後方の水門を閉め、今度は前方の水門を開けて、出て行くのです。

 

水門ってこうなってたんや...! (これを見るだけでも値打ちがある)

 

正直、景色の良くない所もありますが、そこは落語家さんの腕の見せ所。

「大阪に橋はなんぼあると思いはります...」

「実は、東京より、京都より橋が少ないんでっせ...」と笑いの渦をつくってくれます。

 

http://asokan.jp/report/000997.html