中国人観光客を呼びこめ!

『“歩く財布”中国人観光客を呼びこめ! 日本の“おもてなし”、カギは中国語サービス?』というレポートをご紹介します。

 

2013年に中国人海外旅行者数は9700万人となり、旅行先での消費総額も1200億ドル(約12兆円)になったといいます。また、今年度の旅行者数は1億1400万人、消費総額は1400億ドル(約14兆円)を超すと見られているそうです。

2012年の訪日旅行者の消費総額は約1兆1千万円。そのうちの1/4の2700億円が中国人旅行者で、3年連続で1位に輝いています。

中国人に人気の商品は、第1位がカメラ・腕時計。特に腕時計は1人あたりの平均購入額は78,536円だといいます。

2012年上半期、フランスにおける中国人観光客の消費総額は1億2500万ユーロ(約180億円)と、実にアメリカ人観光客の3倍に上りました。

中国人の渡航先別満足度では、日本は9位と決して高くありません。伸び悩みのポイントは、観光地の美しさやインフラがあげられるとともに、中国語の標識や中国人スタッフの有無だといいます。

中国資本となったLAOXは、中国人スタッフを揃えた免税店にすることで大幅に売り上げを伸ばしているので、おおいに学ぶ点があるのではないでしょうか。

 

http://newsphere.jp/economy/20140120-1/