関空にSIMカード自販機が登場!

関空に4月22日、プリペイド式のSIMカード自動販売機が登場した。

 

LTEを使い、100MBで3000円なので少し高いが、訪日外国人にとって使いやすいと思う。

もう少し安く提供できればフリーWi-Fiの問題も解消するのだが…

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

So-netは外国人観光客向けデータ専用プリペイドSIM『Prepaid LTE SIM』を、4月22日から関空の国際線到着ロビーに自販機を設置して販売を開始した。

 

同サービスは長期の契約なしに、下り最大150Mbps・上り最大50MbpsのLTE高速データ通信サービスを提供。SIMフリーの携帯端末などを所有の訪日外国人旅客らが、SIMカードを差し替え、オンラインで簡単な手続きをするだけですぐに高品質のインターネット接続環境を国内で得られる。

 

「プラン100M」が通信データ容量100MBで使用期間30日間(3,000円)、「プラン500M」が通信データ容量500MBで使用期間60日間(5000円)。追加チャージもできる。

自販機では両プランを「標準SIM」「micro SIM」「nano SIM」の3タイプで用意。

開通後の利用者サポートでは、日本語と英語の電話対応、日本語・英語・中国語によるサービスサイト公開、韓国語・タイ語のサービスマニュアルの提供など、多言語に対応する。

 

設置場所は関西国際空港第1ターミナルビル1階(国際線到着階)の南到着口と北到着口の2カ所の「Internet & Telephone コーナー」。

国内の国際空港での自動販売機によるSIMパッケージ販売は今回が初めて。

 

 

「週アスPULS」には詳しい購入方法や設定方法が写真入りで解説されている。

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/215/215592/