サンヤレ踊り(草津市)

老杉神社のサンヤレ踊り(草津市)です。

5月3日

 

サンヤレ踊りは下笠町の老杉神社など市内7ヶ所で祭礼行事として行われる伝統のある踊りです。

踊りは、太鼓打ち、スッコ、ササラ摺り、棒振り、鼓打ち、太鼓受け、音頭取り、鉦摺(かねすり)、笛吹きからなります。

音頭取りは、意味の判然としない詞章を歌いながら団扇を片手に踊り、「サンヤレ、サンヤレ」の囃子がかけられます。

囃子物風流の流れをくむ踊りです。 

平成5年(1993)に、国選択の無形民俗文化財に選択されました。

 

この情報は「近江祭百選」さまから頂戴しました。

 

http://asokan.jp/report/002550.html