"ピラニア"は料理しても凄い顔!

須磨水族館で「アマゾンの謎に挑む」特別展が8月31日まで開催されており、園内レストランで「ピラニア料理」が提供されています。

 

ピラニア料理は

5月31日まで(6月以降は別途検討)

ピラニアのムニエル(スープ・サラダ・ライスorパン)

2,000円(税込)

1日限定5食

 

ピラニアは現地では一般的に食されている魚だそうです。

身はムニエルにされていて、あっさり淡泊なお味。例えるなら「スズキ」のような味わいです。

 

ピラニア一匹をまるごと楽しめるように調理されています。

身はムニエルにして、ビネガー風味のソースがかけられています。

骨と皮はから揚げにされていて、バリバリと香ばしい風味を楽しめます。

そして頬の下には引き締まった身が詰まっています。

エラをはずすのは正直、勇気がいるのですが(目が合いそうで)プリプリの肉は美味でございました。

 

勇気のある人は、一度、話の種にお食べください!

この情報は「松下さま」から頂戴しました。

 

http://asokan.jp/report/002552.html