「伊丹まちなかバル」を彩る「伊丹オトラク」

「伊丹まちなかバル」を彩る「伊丹オトラク」というコタツネコさんのレポートを掲載しました。

 

スペインでおなじみの「BAR(バル)」の説明から、日本でバルが開催されるキッカケとなった「函館バル街」の解説、そして、そのなかでも「伊丹まちなかバル」は別格だとあります。

回数を重ねる度にその完成度が進化している。

他の地域から多くの視察を迎える魅力には、いくつかの伊丹らしい秘訣がある。

そのひとつが「伊丹オトラク」という音楽イベントだとレポートされています。

 

私も全く同感です。

伊丹は、店舗やホールだけでなく、広場や公園で演奏する気軽さとリラックスして聴ける雰囲気なのです。

まち全体が、「伊丹まちなかバル」「伊丹オトラク」に染まっていると感じることができるのです。

 

いろいろな地域で同様なイベントを開催されるなかで、この一体感から学ぶ点は大きいです。この一体感を醸し出すため、普段着の付き合いを重ねられて来た、キーマンの存在も大きいと感じています。

 

 

『遊ぼうKANSAI』

http://www.asokan.jp/