水分神社の御田植祭

”大津祭百選”さんの「水分神社の御田植祭」(6月10日)の動画です。

(2012年撮影)

 

田植え唄も地域により特徴がありますね…

唄のリズムに合わせて身体を動かし田植を進めるので、緩やかなメロディーですが郷愁をそそります。

たまには、のんびりした時間軸に身を置きたいものです…

 

http://asokan.jp

 

 

滋賀県大津市ではありますが、細い道を登りきった山里に「水分神社」はあります。

「田植祭」のあと早乙女さんには小さな菓子袋が渡されます。 

社務所にはお酒と茶菓子が用意されていて、長老さんが呼び掛けますが、早乙女さんは遠慮したように帰ってしまいます。

祭りの後、ご馳走ではなく茶菓子なのが良いなぁ…

水分神社 御田植祭は、ふる里に帰ったような素朴で質素で暖かみがあるお祭りでした。

 

御田植歌を歌いながら、稲苗を水田に投げ入れ豊作と家内安全を祈願します。

 

水分神社の御田植え唄

1.目出度やのエーエー

  世の中よかれホーイアラヤーレ

  田もよかれソーヨーナ

  この田の米でアラヤーレ

  蔵を建ちよソーヨーナ

 

2.うぐいすのエーエー

  泊まりはどこぞホーイアラヤーレ

  八幡山ソーヨーナ

  八幡山エーエー

  八幡の森のアラヤーレ

  松の枝ソーヨーナ