小梅「パープルクイーン」& 白浜の「砂まつり」

『ほっと!和歌山県』~和歌山県広報リレーブログ~からの情報です。

 

 

◎色鮮やかな小梅「パープルクイーン」

 

「パープルクイーン」という色鮮やかな小梅の収穫が5月22日から始まりました。

アントシアンが多く含まれている果皮が赤紫色の小梅で、JA紀南だけ生産している希少な品種だそうです。

梅酒や梅ジュースにするとワインのような色鮮やかな赤紫色に仕上がります。

「パープルクイーン」の果実の色づきを良くするため、地面に白いマルチを敷いて太陽の光を反射させているそうです。

 

それぞれ、工夫されているのですね…

 

 

◎白浜の砂まつり大会に参加しました!

 

5月25日、白良浜で「砂まつり大会」が行われ、私たち西牟婁県職員チームで参加してきました!

当日早朝、少し曇り空でしたが、そのおかげで作業しやすい環境でした。

まずは、砂山に海水をかけて固め、作品のおおまかな形にします。

細かな部分を、コテやスコップで削っていきます。

そして完成したのは、「やたがらす」です!

タイトルは「やったー!世界遺産10周年」

そして、「敢闘賞」をもらいました。なんと賞金1万円!

 

砂像を作るプロセスが分かりますね…

 

http://asokan.jp