ここには海に一番近い生活がある『伊根の舟屋』

「ようこそ伊根町へ ここには海に一番近い生活がある」

 

伊根町観光協会のホームページに書かれています。

『伊根の舟屋』の写真とこの言葉にひかれてしまいます。

 

若い頃、1階に舟が引き込んである民宿に泊まって、変わった民宿があるものだと思ったことがありました。

歳をえて、それが『舟屋』だと知りました。

 

現在も「伊根の舟屋」は約230軒あるそうです。

2005年、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。

舟屋は江戸時代の中期(1800 年)から存在しており、

当時は茅葺の屋根で、網を干す必要性から床板もなかったそうです。

現在のように木造2階建てになったのは明治から昭和初期にかけてだといいます。

 

伊根町には「魚屋」がないそうです。

魚は、漁港や漁師から直接仕入れるのだといいます。

「それは美味しい魚が食べられるはずだ...」

と思わずウナってしまいます。

 

「伊根の舟屋」を見渡そうと思ってもよく見えないので

海上から見てみたいものです。

 

今の時期は、海ボタルが輝いて、夜の伊根湾もキレイだそうです。

皆さんも、一度、伊根の舟屋を体験されませんか!

 

2009年に伊根を訪れた「奈良に住んでみました」さんの記事をご覧ください。

http://asokan.jp/report/003983.html

 

伊根町観光協会のホームページに書かれています。

http://ine-kankou.jp