米MGMリゾーツ、IR進出の拠点に日本法人設立!

米MGMリゾーツ、東京・大阪に日本法人設立 カジノ進出の拠点に

(産經新聞 8月23日)

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140823/mca1408230500002-n1.htm

 

【ポイント】

・世界最大級のカジノ運営会社「米MGMリゾーツ・インターナショナル」は、9月にも東京都と大阪府に日本法人を設立する方針。

・カジノを含む統合型リゾート(IR)の法案が、秋の臨時国会で継続審議されることをにらみ、日本市場進出の拠点とする。

・政府は推進法案成立後、速やかに具体的な法整備に取りかかる方針。2020年東京五輪に向けてカジノを核とした大規模なIRを国内数カ所に建設したい考え。

・MGMリゾーツは「日本に合った独自のIRを実現する」ため、複数の国内企業とのコンソーシアムを設立する。

・IR候補地ともなっている東京と大阪の2カ所にほぼ同時期に事業拠点を設置する。

・IRによる地域活性化や税金収入を当て込む自治体は多く、2大都市のほか北海道や横浜、九州、沖縄などが誘致に名乗りを上げている。

・数千億円から1兆円を超える巨大プロジェクトになるだけに、海外の大手IR会社の参入意欲は強い。

・「建設地を決めるのは日本だが、複数の案件に参入したい」と意欲を見せており、日本に足場を作ることで、企業や自治体との交渉を優位に進めたい考え。