新宿歌舞伎町とゴールデン街に殺到する訪日外国人!

歌舞伎町とゴールデン街の物語
外国人の心を掴む本当のクールジャパンとは
(日経ビジネスオンライン 10月3日)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20141001/271948/?P=1

テレビでは何度か拝見している「ロボットレストラン」ですが、これほど人気しているとは… 驚きです!
少し妖しげではありますが、未成年お断りのお店でもないようです。
この「ロボットレストラン」を核にして、歌舞伎町ゴールデン街にまで波及しているのは見逃せない点です。

【ポイント】
◎ロボットレストラン
・今、新宿・歌舞伎町で最も熱い盛り上がりを見せているのが「ロボットレストラン」 (2012年の夏に開業。132座席)
・コスチュームに扮した美女達と「キモかわ」系ロボット達による歌、ダンスなどを提供するエンターテインメント・レストランです。
・日本政府観光局(JNTO)も外国人向けに紹介ページを作っており、子供連れ外国人観光客もいる。
・トリップアドバイザーは、「外国人に人気の日本の観光スポット2014」の16位としてロボットレストランを選出した。
 伏見稲荷大社(1位)、原爆ドーム(2位)など伝統的な観光スポットの中で、兼六園(15位)、二条城(17位)の間にランクインしている。
・1日4公演、定休日なしで提供されるショーに、毎月1万2000人以上の観客が詰めかけ、その8割が外国人観光客とのことです。
・開店当初は日本語だったショーの最中や幕間のアナウンスも、今やほとんどが英語になった。
・来日したセレブがツイッターでつぶやいて、それを見た外国人が訪日時に来店するという口コミ効果となった。
・日本には外国観光客が食事が出来て、ちょっと飲めて、遊べるような施設が極端に少ない。
・入場料は開業当初の3000円から、現在の6000円まで段階的に引き上げたが、客足が落ちることはなかった。
 この価格でも、ラスベガスで提供されるナイトショーなどと比べると安い。

◎新宿ゴールデン街
・ロボットレストランから歩いて10分ほど。「昭和レトロ」の町並みを求めて外国人観光客が殺到している場所、歌舞伎町「ゴールデン街」です。
・この10年で外国人観光客が一気に増えた。
・歌舞伎町でもっとも高い不動産評価を得ている。再開発が行われてこなかったゴールデン街が不動産評価も高いというのは皮肉な話。

◎新宿東宝ビル開発計画
・歌舞伎町は、日本人にとっても外国人にとってもネガティブな場所ですが、歌舞伎町の中心地から改善に向かう動きが出てきた。
・新宿コマ劇場は、老朽化から2008年に閉館し、その後、隣接する新宿東宝会館と一体として建て替えを行なう新宿東宝ビル開発計画が生まれた。

歌舞伎町やゴールデン街が外国人観光客にこれほどまでに受け入れられるとは誰が想像していたでしょうか。ですが、そんな日本人が忘れてきた繁華街に、外国人観光客のニーズがありました。