プロ野球の観客動員数が増加した!

プロ野球9球団の観客動員数が増加! “いびつな人気”から観戦スポーツ本来の姿へ
(ダイヤモンドオンライン 10月14日)
http://diamond.jp/articles/-/60430

【ポイント】
・かつて観客動員数は“どんぶり勘定”だったが、2004年の球界再編問題を契機に、実数近い数字の発表に是正された。
・今年の観客動員数は、セ・リーグ約1262万人。昨年は約1220万人だ。パ・リーグ約1024万人で昨年の約985万人、それぞれ約40万人増えている。
・球団別に見ても、9チームが観客を増やした。
 広島と東北楽天は球団史上最多。巨人、DeNA、東京ヤクルト、ソフトバンク、オリックスの5チームは2005年の観客実数発表以降で最多となった。
・観客動員数見直しが始まった時、2004年のセ1377万人が約1162万人に、パは1068万人が825万人に実数として下がった。
・観客動員を増やすため、各球団とも必死の営業努力がはじまり、観客動員数の増加につながった。
・球界全体の観客動員増に大きく貢献したのは広島。昨年は約157万人だったのが、今年は190万人を超えた。34万人近く増えた。(21.7%増)
 「カープ女子」をはじめとする若い層をファンに取り込んだことが大きい。
 広島のチームカラーの可愛らしい応援グッズを数多く用意したことで女性が球場に集まりだした。
・パ・リーグではオリックスが大きく観客動員数を伸ばした。昨年の約144万人から約170万人に26万人あまりも増やしている。(18.4%増)