東京2020オリンピックと関西経済 ①

基調講演は、水野正人(ミズノ株式会社会長。元東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会CEO。IOCスポーツと環境委員会委員。JOC名誉委員)だった。


・  東京オリンピックというが、日本全体のイベント!

  「2020年以降素晴らしい社会を作りたい」とIOCに宣言した。

  9年前に立候補、7年前の投票でオリンピック開催国が決まる。

  立候補の年に、東日本大震災が発生し、オリンピックを招致する気持ちになれなかった。

  東北7県の知事にお聞きしたところ「是非やってくれ。日本全体が元気になり,ひいては東北も元気になる」とのご意見をいただいたので立候補することとした。

  最終決戦投票の結果は、東京60:イスタンブール32だったが、それまでの投票結果では厳しい側面もあった。4回のプレゼンは毎回内容を変えて訴えた。

  国民の支持率は、前年に40数%と盛り上がってなかったが、投票日直前には90%まで高まった。

  「あなたの言葉を入れたで」でと言いながらロビー活動をして賛同者を増やした。

  全国が沸き上がることが大切なので、聖火は100mでリレーして、走者にメダルをあげる。

  100校100国運動を展開したい。

  家に閉じこもって応援するのではなく、みんなが集まってビール片手に応援するムードを作りたい。

  電波を提供するなど、19本の法律がオリンピック期間中だけ変わる。

  スポーツもムチのような“しなり”のある人が勝つ! ガチガチになった人は勝てない。