訪日外国人に便利になる『ぐるなび』と『トリップアドバイザー』の提携!

『ぐるなび』と『トリップアドバイザー』の提携は昨年8月から始まっていますが、今日のNHKニュースで『トリップアドバイザー』からインターネット予約できるようになるようです。
訪日外国人に便利になる仕組みは大歓迎したいものです。


【記事の要約】

(ぐるなびプレスリリース 2013年8月6日)
http://japan.zdnet.com/release/30049731/

『ぐるなび』は『トリップアドバイザー』と提携し、ぐるなびが持つ約11万軒の加盟レストランに関するメニューの口コミや写真をトリップアドバイザーに掲載することになりました。
今回の提携により、ぐるなびに掲載されている約50万軒の飲食店のうち、必要情報を提供できる約11万軒の店舗や料理の写真、おすすめメニューの口コミなどの情報が、トリップアドバイザーにも掲載されることになります。
第一段階として、2013年8月に5500軒のレストランに関する約2万5000点の写真や2万3000件の口コミを掲載し、2013年10月中には残りの情報も順次掲載する予定です。
トリップアドバイザー上には、レストラン1軒につき5件まで、ぐるなびの口コミが掲載されます。口コミには、「ぐるなび」のロゴが表示されるとともに、ぐるなびの口コミページへとリンクされます。

(NHKニュース )
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141120/k10013342001000.html

「ぐるなび」は、日本の飲食店に外国人客を呼び込もうと、「トリップアドバイザー」と提携することで合意しました。
ぐるなびが開設している英語や中国語などのサイトでは、日本の飲食店を予約する場合、専用のコールセンターに電話をかける必要がありますが、今回の提携で両社のサイトがリンクすると、トリップアドバイザーの利用者がインターネットで予約できるということです。
予約サービスは、東京や大阪のおよそ1000店を対象に来年度中に始まり、6年後をめどに全国およそ5万店に拡大させる方針です。
トリップアドバイザーは月間3億人余りが利用する世界有数のサイトで、ぐるなびとしては多くの外国人を日本に呼び込むことで、飲食店の要望に応えたい考えです。