「日本酒条例サミット」が、初めて京都市で開催され40都市が集まった!

清酒の魅力をPRしようと、日本酒で乾杯する条例を定めた自治体が集う初めての「日本酒条例サミット」が29日、京都市で開催された。

京都市が平成25年1月15日に全国で初めて「日本酒乾杯条例」を施行し、約2年が経過。
同様の条例を定めた約40都市が顔をそろえ、それぞれの取り組みを披露した。
それぞれ、日本酒条例を制定した経緯や振興策などを披露し、成果をアピールした。午後には共同宣言も採択、日本酒の消費拡大に向け、より一層の結束を誓った。

酒蔵ツーリズムを展開する佐賀県鹿島市
大規模な酒まつりを開催している広島県東広島市

「酒離れ」は若者を中心に進み、日本酒の国内販売数量は昭和50年度をピークに減少の一途となっている。
こうした状況を踏まえ、京都市議らが「せめて、乾杯はビールではなく地元の清酒で」と声を上げ、条例を提案し、条例制定になった。
条例制定は、同様の危機感を抱いていた全国の酒どころに広がり、現在、地元名産の清酒や焼酎で乾杯を推奨する条例制定の動きは、全国90以上の自治体に広がっている。
「各自治体の成功事例を共有し、魅力発信のきっかけにできないか」という京都市の問題意識が今回のサミットにつながったという。

外国人にも日本酒ブームも拡大。純米酒などの特定名称酒が外国人に人気で、輸出は3年連続で5%前後の伸びを続けている。
京都市は「市内で開かれるパーティーで、日本酒で乾杯することが明らかに増えた」と今後の展開に期待を寄せている。

http://www.sankei.com/west/news/141129/wst1411290032-n1.html