旅館”松前”の女将さんの取り組みは素晴らしい!

奈良市の旅館”松前”の柳井尚美さんのおもてなしの取り組みは素晴らしいです…

鉄田さんのブログの「産經新聞奈良版 1月3日」の紹介記事です。
http://blog.goo.ne.jp/tetsuda_n/e/97a41470f34b0f2ba417b96ebeb155fd


【鉃田さんのポイント】
「無理をせず、自分も楽しいおもてなしが最高のおもてなし」
「当たり前のことを少しだけ丁寧に、熱心に」
「観光客が集まる大型レストランではなく、あなたのお勧めを教えてほしい」
「急病の外国人客を受け入れてくれる病院を探し回ることもある」
「食事先紹介のリクエストには、自分がよく行く居酒屋や知り合いの店など、相手の好みや懐事情に合わせて、自ら電話で空席状況を確認」
「館内では平成18年から大蔵流の狂言の稽古が行われ、不定期でライブも開催」
「館内で書も再開。書き順や形式にこだわらず、墨をすって自由に文字を書く『墨あそび』なども行う」
「特別なことはしない。無理がなければ、喜んで、いつでもできる」

・15室という規模が幸いして、なきめ細かいサービスができるのだろう。
・早くにターゲット層を修学旅行生から外国人客に切り替えたこ。
・トリップアドバイザーでの評判も上々だ。
・「宿泊客の8割が外国人で、残る2割の日本人もほとんどが常連客」とは驚く。