旅先で旅行者・ローカルの人とマッチングしてくれるアプリ「Tripr」

次世代バックパッカー必携! 
旅先で旅行者・ローカルの人とマッチングしてくれるアプリ「Tripr」

(ダイヤモンドオンライン 12月24日)

Facebookで相手を確認する簡便さは理解できるが
ここまで信用しても良いのだろうか…


【ポイント】
11月に公開したアプリ「Tripr」は、パックパッカーにうってつけだ。
同じタイミングで同じ都市を訪れる旅行者同士を出発前、もしくは現地に到着してから引き合わせてくれる。

Triprを利用するには、まずFacebookアカウントでサインアップする必要がある。
ログインし、スマートフォンの現在の位置情報を有効にすると、その場所がホームタウンとして登録される。
ホーム画面の「+」ボタンをタップし、目的地、期間、相手の性別、年齢の幅、旅行者かローカルの人かを選択すると、ホーム画面に予定が追加される。

次はマッチング。
ホーム画面で予定をタップすると、候補ユーザーの画像、ユーザー名、年齢、ホームタウン、出身校、Facebookでのつながりの度合い、滞在期間、自己紹介文などが表示される。
YESでリクエストを送信し、相手が承認するとアプリ内でのチャットが可能になる。
NOを選択し続け、候補がいなくなるとホーム画面に戻る。

うまくマッチングすれば、あとはチャットで待ち合わせする場所や時間を決め、現地で落ちあえばよい。

「Local Setting」では、自分がホームタウンにいるときの旅行者とのマッチングに関する希望を設定することができる。
そもそもマッチングを希望するか否か、相手の年齢の幅、性別、Facebookでのつながりの度合いを選択することができる。

「Facebook」のアカウントを利用していることが、このアプリの肝である。
Triprではマッチングする相手の候補者として表示させるユーザーを、Facebookで1次(友人)・2次(友人の友人)・3次・4次までに限っている。
Facebookでまず本人のおおまかな素性を明らかにし、心配な場合は共通の友人に信頼できる人かを確認することができる。

Triprは11月末時点でiOSにのみ対応。Android OS向けのアプリは現在開発中で、12月頃に公開予定だという。