日本の観光競争力は世界第9位!

「世界経済フォーラム(WEF)」の「旅行・観光競争力報告書」で
日本は141の国や地域中で9位にランクインしました。
昨年は14位でしたので単純に嬉しく思います!

劇訳.comのコラム引用
http://www.gekiyaku.com/archives/44644884.html

ダボス会議の主催で知られる「世界経済フォーラム(WEF)」は6日、最新の「旅行・観光競争力報告書」を発表した。
日本は141の国や地域中で9位にランクインした。
トップはスペイン。次いでフランス、ドイツ、米国、英国、スイス、オーストラリア、イタリアが続き、10位にカナダが入った。
アジア太平洋地域ではシンガポール11位、香港13位、ニュージーランド16位、中国17位、マレーシア25位、韓国29位、タイ35位だった。
日本は、文化といった観光資源や、安全、衛生、交通インフラなどの点で総じて評価が高かった。一方で、価格競争などの点で評価が低かった。

• スペイン(4)
• フランス(7)
• ドイツ(2)
• 米国(6)
• 英国(5)
• スイス(1)
• オーストラリア(11)
• イタリア(26)
• 日本(14)
• カナダ(8)
• シンガポール(10)
• 香港(15)
• 中国(45)
• マレーシア(34)
• 韓国(25)
• 台湾(33)
• タイ(43)

()内は2013年の順位


世界経済フォーラムからのニュースリリースから引用
http://www3.weforum.org/docs/TTCR2015_JP.pdf

日本が優れた結果を残せたのは、十分に発 展したデジタル経済によるところが大きいと言えます。
そのおかげで日本は、豊かな文化 資源を海外にアピールできただけではなく、文化やエンターテイメントに関してオンライ ンで頻繁に検索される国となりました。