奈良を訪れる外国人観光客の傾向!

「夜の奈良」滞在外国人は昼間の2割? 依然「日帰り」が大半

(産経新聞 6月20日)
http://www.sankei.com/west/news/150620/wst1506200022-n1.html


奈良の良さが外国人に伝わっていないとつくずく感じる。
奈良はナチュラルで、スピリッチュアルなところだと外国人に伝えるのが分かりやすい。
その次が文化であり、文化を前面に出すと理解されにくいように思う!
また、奈良の宿泊を促すためには、大阪や京都でのPRが必要だと思う。


【ポイント】

関西を訪れる外国人観光客の7割は大阪と京都に集中しており、奈良は依然として「日帰り」の観光パターンが多い。

調査は国土交通省近畿地方整備局とナビタイムジャパンが共同で実施。
昨年11月から今年4月の半年間、同社が提供する訪日外国人向け英語アプリを使って、近畿6府県と三重県を訪れた約4900人を対象に行った。
GPSデータを使い、1キロ四方に30分以上とどまった人を「滞在」とみなして分析したところ、72%が大阪と京都に集中していることが判明。
大阪では67%がアジア系で、日中はUSJや大阪城、海遊館、夜間はミナミの繁華街に多く滞在していた。
京都は45%が欧米系で、神社仏閣への立ち寄りが多かった。

奈良は東大寺など奈良公園周辺が人気。
法隆寺(斑鳩町)や明日香村へ足を伸ばす外国人観光客はほとんどみられなかった。
時間帯では午後1時の滞在者が最も多い309人だったが、午後7時以降は県外へ流出。午後11時の滞在者は71人にまで落ち込み、昼間の2割程度となった。訪れる外国人はアジア系と欧米系がほぼ同じ割合だった。

奈良では「日帰り観光」の定番を払拭しようと、県が高級ホテル誘致事業などを進めているが、調査結果からは大阪、京都に比べ滞在者数の差が大きいことが浮き彫りになった。

奈良県では今後、中国や台湾、フランスなどを中心にした海外プロモーションを強化するほか、奈良市から南部方面へのバスの運行、文化体験イベントなどを展開していくという。