おみやげ文化考!


「おみやげ文化考」という講演が面白そうです!


名称 おみやげ文化考(なにわ名物開発研究会の6月例会)

住所 〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1−4−5
場所 大阪産業創造館6階 B会議室(地下鉄堺筋本町駅徒歩5分)
日付 2015/06/25
時間 18時30分~21時(21時から交流会あり)
電話 06-6643-3150
   naniwa-meibutsu@ivy.ocn.ne.jp
講師:立教大学立教学院史資料センター学術調査員・鈴木勇一郎博士
参加費:1000円(なにわ名物開発研究会会員は無料)


日本の観光地ではどこでもたくさんのお土産が売られています。旅行に行って手ぶらで帰ってくることは考えられないぐらい、私たちにはごく普通のことですが、外国人(特に欧米人)にはとても珍しいのだそうです。先生の著作「おみやげと鉄道」の中で、駅弁、駅ナカ、博覧会、名物、観光、空港、高速道路サービスエリアまでお土産のルーツから近・現代を幅広く考察、古今東西のお土産も詳しく紹介されています。相当な調査をされているものと推察しております。

きびだんごが全国に知れ渡った背景、日本近代における「博覧会」の役割、「皇室御用達」などのマーケティング戦略にも非常に役に立つお話も盛り沢山。

当日はこれらの話に触れつつ、なにわ名物開発研究会会員の老舗企業の貴重な「おおさかみやげ」資料の展示も同時に行います。みなさんぜひ大阪の「おみやげ文化」について学びましょう!当会が誇る「なにわ名物開発考社」マーク認定商品についても紹介します!

https://www.facebook.com/events/360483660815723/