大阪に来る欧米旅行者の3~5割は大阪素通り!

中国人は9割以上が訪れているのに…欧米旅行者の3~5割は大阪「素通り」
(産経新聞 7月11日)
http://www.sankei.com/west/news/150711/wst1507110059-n1.html


大阪はアジア人の観光が多いのは分かっていたがやっぱりといった感じだ。
最大の原因は地理的距離だと思う。
地球の裏側に位置する欧米諸国は、遠く離れたアジア、その最北の日本に来るには大きな動機づけが必要だ。
さらにおもてなしに磨きをかけなければ欧米諸国からの観光客は簡単には増えないだろう。


【全文掲載】
関西国際空港を利用する外国人旅行者のうち、欧米とインドからの旅行者の約3~5割が大阪を「素通り」して帰国していたことが、大阪観光局の調査で分かった。
溝畑宏局長は「四季を感じられる京都などを好む傾向がある」と分析。大阪の歴史的建造物や祭りをアピールするなど、プロモーションを強化していく意向を示した。

調査は昨年5月~今年2月、関空で観光局の調査員が外国人旅行者にインタビュー形式で行い、4199人から回答を得た。

「大阪で観光をしなかった」と回答したのは17.7%(743人)。国や地域ごとに大阪を観光しなかった旅行者の割合を見ると、英国49.4%▽米国38.0%▽ドイツ37.8%-など、欧米各国の素通りが目立った。割合が最も高かったのはインドからの旅行者で58.8%だった。

一方、中国は6.9%、台湾は5.9%だった。旅行者の9割以上が大阪を観光した。