北海道・ルスツリゾート、決済ツール「ペイパル」導入! 203か国100通貨に対応。

北海道・ルスツリゾート、決済ツール「ペイパル」導入 〜203か国100通貨に対応で海外サイトの機能充実〜
(トラベルボイス 8月7日)
http://www.travelvoice.jp/20150807-48245
 

このニュースも衝撃的です!
観光の決済ツールに「ペイパル」導入して、203か国100通貨に対応するというのですから…
金券ショップの前を通りがかると多くの通貨の両替が可能となってきたのがよくわかります。
しかし一般の店舗では為替レートも分からず、「ペイパル」のような決済ツールが出てくるととても便利になります。
今後、このような動きが加速していくことになるのでしょう。


【全文掲載】
加森観光が北海道で運営する「ルスツリゾート」の海外向け予約サイトにて、このほど決済方法に「ペイパル」が導入された。

 「ルスツリゾート」は、 札幌や小樽、新千歳空港などから車で2時間以内で移動可能な好立地に位置する高原リゾート。敷地内には「ルスツリゾートホテル&コンベンション」「ルスツタワー」といった宿泊施設のほか、レジャーアクティビティ施設、会議やレストラン類なども充実している。

今回採用された「ペイパル」は世界203か国・地域で100通貨以上に対応可能な決済手段。また、店舗や施設側がカード情報を保持しないために不正利用を回避しやすく、万が一の不正利用が発覚した場合にも、ペイパルが全額補償する仕組みが用意されているといった安全性も配慮されている。さらに、20言語にて年中無休のカスタマーサービスを受けることが可能。

これにより、オンライン予約を行う外国人旅行者の利便性が高まることになる。