世界一日本観光が好きな香港人が「ダメ出し!」

世界一日本観光が好きな香港人が「ダメ出し」 〜リピート率No.1を支える男が見た、外国人招致の課題とは〜
(日経ビジネスオンライン 8月28日)
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/082600042/?n_cid=nbpnbo_mlt


香港人の日本好きはかなり以前から続いている。
「訪日客の2割が10度以上の訪日経験あり」というリピータ率になるといいます。
今、中国本土からの観光客が最も多くなっていますが、本当に大切にしなければならないのはリピーター客ではないでしょうか。
リピートする観光客の動向を分析して、さらに「日本ファン」を増やすことだと思います。


【ポイント】
今年7月に日本を訪れた外国人は前年同月比 51.0%増の191万8000人を記録。単月で過去最高を更新した。
今年1~7月の累計も1100万人を突破した。
中国人が275万人でトップ(前年同期比113.8%増)。2位は韓国が216万人(同41.7%増)、3位の台湾が215万人(同29.0%増)、香港は4位で85万人(同66.0%増)と続いている。

香港からの訪日客は7月で15万8700人。前年同月比74.0%増で、単月最高記録を6カ月連続で更新している。
香港人は「訪日客の2割が10度以上の訪日経験あり」という驚異のリピート率を誇る。

香港人が日本旅行をリピートする理由
⑴ 日本に旅行した際に不満を感じることが少ない。
  景色はきれいだし、ご飯も美味しい。ボッタクリなどにだまされることも少なく安全です。
⑵ 価格の安さ。
  香港だと日本円にして1万円を超えるような値段の食事を、日本へ行けば数千円で食べることができる。
⑶ 日本の広さです。
  東京都の半分程度の広さしかない香港の人からすると、日本は南北東西に広がる大きな国です。
  香港では降らない雪が北海道や東北、北陸では楽しむことができる。沖縄のきれいなビーチも魅力です。
  東京や大阪のような大都会もあれば、京都や奈良などの歴史を感じる街もある。

日本の観光地の課題は、Wi-Fi環境の整備です。
日本のスポットをたくさん訪れて、写真を撮って友達に自慢したい。それなのに、Wi-Fi環境が限られると、投稿機会がなくなってしまう。
5カ所くらい写真を撮ったとします。それを投稿できるのがホテルに戻ってからであれば、その日の写真をまとめて1回でアップして終わってしまう。
これが実は大きな機会ロスになっている。

日本人向けの観光名所をそのまま翻訳すれば人気が出るかと言えば、そうではない。
よくあるのが「歴史の舞台」の解説です。史実で重要な役割を果たしたという点で、観光客に推したいのは理解できます。しかし、外国人の多くは「源平合戦」など知りません。