訪日外国人のツイッターのつぶやき分析!

訪日外国人のつぶやき分析、ツイート数1位の都市は「渋谷」、過半数が写真付きで投稿 ―国土交通省
(トラベルボイス 9月 8日)
http://www.travelvoice.jp/20150908-50219


この調査結果は英語によるゆぶやきを対象としており、欧米系に比重があるため東京の検索が多いようだ。
しかし、渋谷の「スクランブル交差点」の人気をあらためて感じますね…
2.6万人分の5.2万ツイートを分析した母数は大きい。


【ポイント】
「SNS等を利用した訪日外国人の意識分析調査」:2014年11月に日本を訪れた外国人によるツイッターへの投稿コメントをもとに分析、「場所」「食べる」「見る」といった分野について、登場頻度が高いワードを集計したもの。

都道府県別で最も出現回数が多いワードは「東京(Tokyo)」の1万662件で、次いで「京都(Kyoto)」の1817件、「大阪(Osaka)」の831件。
都市別では「渋谷(Shibuya)」が1213件と最多。さらに「横浜(Yokohama)」408件、「新宿(Shinjuku)」381件と続いた。
渋谷来訪者のうち19.7%が「スクランブル交差点(crossing)」、13.5%が「夜(night)」と発言した

食事関連では、「寿司(sushi)」が513件と最も多いほか、「夕食(dinner)」の391件、「ラーメン(ramen)」の346件と続いた。
「見る」関連では、「富士山(fuji)」が1688件と圧倒的トップとなった。
続いて「道路・路上(street)」が330件、「ドーム(dome)」が301件となった。さらに、「寺(temple)」や「タワー(tower)」、「神社(shrine)」、「美術館・博物館(museum)」といった建築物に関する投稿が多く確認された。

この調査は、2014年11月1日から30日までに、英語によるツイッターへの投稿内容を分析したもの。
「日本の緯度経度が付与されているツイート(GPS機能を利用)」「写真が付与されているツイート」の合計2.6万人分の発言を抽出。
今回の調査は英語での発言を対象にしているため、発言者の国籍は英語圏(アメリカ、イギリス、フィリピンなど)の割合が高い結果となっている。