"お国柄"に商機あり! ~訪日外国人の新たな攻略法~ 

"お国柄"に商機あり! 〜訪日外国人の新たな攻略法〜
(ガイアの夜明け 9月15日 ・ BSジャパン 翌週木曜日 21時)
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber3/preview_20150915.html


日本を訪れる外国人旅行者が激増している。そんな中「外国人」と一括りにするのではなく、国別に習慣や好みを把握しようという内容だった。
SNSによるクチコミが訪日外国人の動向を左右していることは知っていたが、消費動向が多様であることを改めて再認識させられた。
外国人とのコミュニケーションが大切と言われながら、指差しシートでさえうまく活用できない状況が映し出されていた。
先日、「道頓堀クルーズ」のガイドの話をお聞きしたが、外国語が話せないガイドが一番人気という。
コミュニケーションとは、決して外国語が話せることではないということだ。


【ポイント】
東京・渋谷のITベンチャー企業「ナイトレイ」は、今年から訪日旅行者の行動を「見える化」するサービスを始めた。
中国・台湾・香港・韓国・タイからの旅行者がSNSに投稿した内容から、訪れた場所や行動を分析して地図に表示する。
このデータをもとに出店計画を立てるという。

大阪の旅行会社「フリープラス」。日本を訪れる外国人旅行者に、「国別」のツアーを用意して急成長を遂げているベンチャーだ。
国や文化圏によって、行きたい場所や、食べたいものがまるで違う。
ミャンマー人の場合、鎌倉に寄りたいと思っている人が非常に多いという。目的は「鎌倉大仏の置物」。ミャンマーには、なぜか「鎌倉で大仏の置物を買えば再び日本に行ける」という噂があり、コースに入れることで好評を博しているのだ。
インド人は日本を旅行中でも日本料理よりカレーを食べたい人が多いという。
外国人に商品を売り込みたい企業向けに、国別のマーケットリサーチを請け負うことにした。
男性化粧品大手の「マンダム」の「男性用汗ふきシート」が、台湾やシンガポールでは大人気となっているのに、中国人にはなぜかあまり売れないという。どうしたら中国人にも買ってもらえるのか、調査していた。

外国人に特化した人材派遣会社「グローバルパワー」は4万人もの外国人を登録。
企業向けに「覆面調査サービス」を提供している。
日本語が堪能な外国人を派遣。日本語が出来ない観光客を装い、従業員がきちんと対応できているかを調査する。
中国人観光客は店員が積極的に商品を勧めてくれることを好むという。
欧米人は静かに品定めしたいため、むやみに声掛けしないで欲しいという人が多いという。