中国の景気減速や株価下落が、日本のインバウンド消費にどのような影響を与えるか!

9月25日のWBSで大和総研チーフエコノミストの熊谷さんが、視聴者からの質問「中国の景気減速や株価下落が、日本のインバウンド消費にどのような影響を与えるか」に答えていた。
 


結論から言うと「あまり影響がない」と話されていました。
 
過去のデータによると「中国の株価とインバウンドの数には連動がない」
「中国の不動産価格はインバウンドの数に連動しており、中国の不動産価格は底を打っている」
なぜ株式の影響を受けないのかとの質問に「中国の中心的資産は不動産」「株式は必ずしも富裕層がやっているのではなく、若年層やあまりお金のない人がやっている」
「潜在的には4000万人の富裕層がいる。年間に訪日する人は二百数十万人なので、1回転するのに10年以上かかる」
「みんなまだビザの交付を待っている状態」
 
「インバウンド消費は好調は続く」と締めくくられた。



これまでも色々な方にご意見をお聞きしましたが、ほぼ同様の見解でした。
また8月、9月の訪日中国人の動向は変わっていません。
楽観は禁物ですが、東アジアの経済成長と円安の恩恵でインバウンドはこれからも伸びると考えています。