訪日客増へ改革指示 特区活用し規制緩和 民泊、7日未満でもOK!

首相、訪日客増へ改革指示 特区活用し規制緩和 民泊、7日未満でもOK 地方空港に自動化ゲート 
(日本経済新聞 10月21日)
http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS20H6G_Q5A021C1EA1000/


安倍首相の意欲ある訪日外国人の利便性向上につながる特区による規制改革だ!
既存宿泊施設との利害の問題、安全・安心への問題など、見えないものは数多くあるだろうが
まずはトライアンドエラーで進めてほしい。
具体的な内容は大田区などの取り組みがベースになっているのだろうが、国として観光に取り組み、外需の取り込みにかける宣言になった!


【ポイント】

政府は国家戦略特区で訪日外国人の利便性向上につながる規制改革に取り組む。

安倍晋三首相が20日の特区諮問会議で外国人観光客の拡大に向けた改革の具体化を指示した。
一般の住宅に観光客を泊める「民泊」を拡大し、
自家用車で有償運送する「ライドシェア」を解禁する。
アベノミクスの目標に掲げた国内総生産(GDP)600兆円に向けて外需の取り込みを強化する狙いだ。
観光サービスの妨げとなっている規制の改革に重点を置く考えを示した。
来年1月召集の通常国会に特区法改正案を提出し、来年中の事業化を目指す。

民泊を拡大するのは、訪日客の増加につれて都心の宿泊施設不足が深刻化しているためだ。
特区内で民泊を認める要件を緩和。同じ住宅に最低7~10日滞在する客に限定している日数要件を短縮する方向で検討する。
日数要件を短くすれば、日本人の国内旅行などに活用されるケースも増え、消費喚起につながるとみている。
ただホテルと比べて稼働率が低い旅館業界などからの反発は避けられず、調整が課題になりそうだ。

自家用車を使ったライドシェアについて「観光客の交通手段として活用する」と解禁を表明した。
自家用車の有償運送は「白タク」として禁止されているが、交通空白地に限って認める。

成田空港などで活用が始まっている自動化ゲートを地方空港でも導入し、入国審査の待ち時間を大幅に短縮する。