9月の訪日外客数161万2千人(46.7%増) 今年の累計は1,448万人!

JNTO(日本政府観光局)の訪日外客数(2015 年 9 月推計値)のプレス資料 (10月21日)
http://www.jnto.go.jp/jpn/news/press_releases/pdf/20151021.pdf 


9月の訪日外客数は、161万2千人で、今年の累計は1,448万人に達し、昨年の1,300万人を超えています。
今年の中国の中秋節休み(9/26-9/27)が国慶節(10/1-10/7)に近づき長期休暇が取得しやすい日並びとなったことが、訪日外客数の押し上げの要因の一つだったようです。


【ポイント】
• 2015 年 9 月の訪日外客数は、前年同月比 46.7%増の 161 万 2 千人で、これまで 9 月として 過去最高だった 2014 年(109 万 9 千人)を 51 万 3 千人上回った。
今年の累計は 1,448 万人に達し、年計として過去最高だった 2014 年(1,341 万人)を超えた。

9 月は、アジア地域を中心に休日が多い中、特に今年は中国の中秋節休み(9/26-9/27)が 国慶節(10/1-10/7)に近づき長期休暇が取得しやすい日並びとなったこと、韓国の旧盆休 暇(9/26-9/29)が 8 月の旅行ピークから分離し、連休として独立したことが需要を喚起。
こ れまでの訪日旅行プロモーションによる需要の創出、航空路線の拡大、近年の査証免除や要件緩和、円安と昨年 10 月からの消費税免税制度の拡充による買い物需要の拡大に加え、 中国からのクルーズ船が多数寄港したことも、訪日外客数の増加要因となった。

• 市場別では、インドネシア、ロシアを除く 18 市場が 9 月として過去最高を記録。
また、9 月までの累計では、韓国(285 万 6 千人)、フィリピン(18 万 6 千人)、ベトナム(13万 9 千人)が、それぞれ 2014 年の年計を上回った。
今年の累計により、昨年の年計を超えた市場は、中国(7 月)、香港(8 月)を含め、5 市場 となった。

• 10 月は、中国の国慶節(10/1-10/7)、フィリピンの学校休暇(10/26-10/30)、また、韓国 ではハングルの日に伴う 3 連休(10/9-10/11)と期間中の休暇取得が奨励される秋季観光週間(10/19-11/1)があり、アジアにおいては旅行しやすい日の並びであることに加え、 日本では紅葉シーズンの幕開けを迎えることから、引き続き順調な需要増加が期待される。