レンタカー会社とJAFと県警が連携! 外国人レンタカー緊急時に協力〜 

外国人レンタカー緊急時協力 OTSとJAF、県警が覚書
(琉球新報 11月4日)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-165883.html


これは素晴らしい連携だ!
レンタカー会社とJAFの連携は理解できるが、警察とも連携して外国人レンタカー利用者の緊急事に通訳を介して連携を始める。
立場の違いで、おのおの翻訳サービスを持つのが通例だろうが、明らかにコスト高になる。相互連携でお互いにメリットを供給できれば、コスト削減とともに対応がスムーズになりサービス向上につながる。


【ポイント】
沖縄ツーリスト(OTS)と日本自動車連盟(JAF)沖縄支部、県警本部は4日、「外国人観光客の110番通報に係る通訳業務」の覚書を締結した。
レンタカーの外国人利用者が急増しているのを受け、通訳などで3者が協力して事故処理などを円滑に進めるのが目的。
OTSレンタカーを利用する外国人が事故発生の詳細を110番通報する際、電話を介しての通訳でOTSやJAFが県警に協力する。

昨年1年間の県内での外国人レンタカー利用は約7万3千台で、そのうち約4万7千台がOTSのレンタカー利用者。
OTSレンタカーはJAFと会員契約を結んでおり、外国人の通訳業務で協力していた。