1月〜10月の訪日外国人観光客は1631 万人に達し、過去最高を更新!

訪日外客数(2015 年 10 月推計値)
♢10 月:前年同月比 43.8%増の 182 万 9 千人 
♢1 月-10 月:1631 万人に達し、累計で過去最高を更新
(JNTO 11月18日)
http://www.jnto.go.jp/jpn/news/press_releases/pdf/20151118_2.pdf


いよいよ今年も大詰め。年末に2000万人突破かと期待を抱かせる!
相変わらず中国を筆頭にアジアの観光客が増加しているが、欧米やその他の国々からの観光客も増えていることを忘れてはならない。
ここへ来て、いよいよ宿泊施設の不足が大きな問題になってきた。
早急な対応が求められるなか、「民泊を取り巻く諸問題への対応」について検討する有識者会議を、今月中にも立ち上げるとことを観光庁長官の田村明比古氏は明らかにした。
http://www.travelvision.jp/news-jpn/detail.php?id=70014


【ポイント】
2015年10月の訪日外客数は、前年同月比43.8%増の182万9千人で、これまで10月として過去最高だった2014年(127万2千人)を55万7千人上回った。
今年7月の191万8千人に続き、単月としては過去2番目の数字となった。

10月は、中国の国慶節休暇(10/1-10/7)とも重なり、この 時期に向けた訪日プロモーションの効果もあって需要が押し上げられた。
円安基調 の継続と消費税免税制度の拡充による買い物需要、航空路線の拡大、燃油サーチャージの 値下がり、中国からのクルーズ船の寄港増加、近年の査証免除や要件緩和など様々な好条 件が相まって、訪日外客数の大幅な増加につながった。
市場別では、カナダ(2万2千人)、ドイツ(1万9千人)が、それぞれ単月として過去最高を更新した。
ロシアを除く17市場が10月として過去最高となった。

10月までの累計では、中国が428万4千人となり、全市場で初めて年間400万人を超えた。
台湾(311万5千人)、インドネシア(16万2千人)、カナダ(18万9千人)、フランス (18万4千人)、イタリア(8万8千人)、スペイン(6万8千人)が、それぞれ 2014年の年計を上回り、今年の累計が昨年の年計を超えた市場は11市場に増えた。

11月は、紅葉シーズンが本格化し、アジアを中心とした各市場で需要の拡大が期待される。
マレーシアやフィリピンの学校休暇、マレーシアやベトナムからのインセンティブ旅行の増加など好条件が揃い、引き続き好調な需要が期待される。