Googleの2015年の年間検索トレンド&ランキング!

グーグル検索ランキング2015、外国人の日本観光への関心は「宿泊」や「東京以外の地名」に【インバウンド編】
(トラベルボイス 12月17日)
http://www.travelvoice.jp/20151217-57183
いよいよ訪日観光が本物になってきたようだ!
世界の観光に関わる検索の成長率は 11%のところ、日本の観光が成長率が30%だ
しかし、「宿泊関連」の検索が半分をしめたのも、いかに宿泊場所が不足しているかを物語っている。
「Ryokan」というキーワードも上昇しているとの分析は嬉しい。
民泊、「日本の地名×Airbnb」は95%増だったというのも、「日本らしいところに泊まりたい」とのニーズの表れだろう
「大阪」のキーワード検索が大幅に増加というのも嬉しいが、ゴールデンルートから地方都市にインバウンドの目が向き始めているのが嬉しい!
 
 
【ポイント】

Googleが、2015年(1月1日〜11月30日)の年間検索トレンドや各種ランキングを発表した。

訪日外国人の大幅な増加や、日本人の国内旅行シフトが目立った1年だった。
世界での「日本」に関わるキーワードの検索数は増加、そのなかで「観光」関連が成長率が30%だった。
世界の旅行に関わる検索の成長率は 11% となっており、日本への関心の高まりが顕著となった。
海外で英語検索された日本に関わる検索キーワードを「ファッション」「食」「日用品」「コンテンツ」「観光」の5つのカテゴリで分類して動向をみると、今年の最大の特徴は「観光」カテゴリの成長率がトップで30%増となった。
訪日旅行者数のシェアと検索量のシェアは似ており、検索でもアジアの存在は大きい。

海外で英語検索された成長率の高いキーワードには2つの特徴があった。

「宿泊関連」の検索が半分をしめたこと。(「宿泊関連」は「施設名」と「地名×宿泊」で検索されたキーワード)

「日本×hotel」では46%増だった。
「Ryokan」というキーワードも上昇しており、知名度が上がってきた。
民泊に関わるキーワードも急上昇した。「日本の地名×Airbnb」は95%増だったという。
世界的にも同様の傾向がみられ、外国人旅行者が「日本らしいところに泊まりたい」と分析。引き続き注目を集めると予測した。
東京以外のキーワードが大幅に増加して8割を占めた。
特に「大阪」の成長率は高い傾向で、英単語と簡体字・繁体字で大阪関連キーワードでの検索が多くあった。
東北の地名も伸びていて50%ほど成長しており、昨年はなかった傾向だという。
地方への外国人の取込みで、地方都市の検索を挙げていく必要性を指摘。カテゴリとしても人気の高い「食」や「コンテンツ」を活用してアピールしていく手法を提案した。
日本の地名検索では、1 位に「Tokyo」、2 位「Ginza」、3 位が「Hiroshima」となった。
特徴的だったのは、「Ginza」が成長率217%となったこと。ショッピングをする場所として伸びていると分析した。
 
地名のキーワードが年々狭いエリアになってきた。
「Saitama(埼玉)」が大きく躍進して14位に。「Nagasaki(長崎)」が11位、「Uji(宇治)」が15位ともなっている。