主力企業・団体の「年頭所感」にも”インバウンド”取り組みが相次いだ!

2016年の観光産業トレンドを読み解く ―主力企業・団体の「年頭所感」を並べて整理してみた
(トラベルボイス 1月 4日)
大阪新年互礼会でもインバウンド取り込みが鍵との意見が相次いだようだ。
関西経済同友会の蔭山代表幹事は「輸送網を整備し、関西全域に訪日客を送り届けなければいけない」と発言している。
広域に回遊させる仕組み作り、そして具体的な施作を打つことが、安定したインバウンドの受け皿になり、経済の一翼を担うものになると思われる。
少しでも早く、具体的行動に移してもらいたいものだ!
【ポイント】
航空・旅行・IT関連の各社トップが、2016年を迎え、年頭所感や新年のあいさつで今年の方針や決意を表明している。
2015年は社会的にもインバウンドといったテーマが広く取り上げられる機会が増大。2016年も引き続き旅行・観光業への注目が高まることが期待されている。
• 日本政府観光局(JNTO) 松山良一理事長 ―「観光の稼ぐ力」増進を通じて、クオリティの高い観光へ
• 日本旅行業協会(JATA)会長・田川博己氏 ―2016年を「海外旅行復帰の年」に
•  JTB代表・髙橋広行氏 ―「世界発・世界着」の拡大へ、インバウンドでは訪日後の事業強化
• HIS代表・平林朗氏 ―「変なホテル」2期棟目やアジアのチャネル開拓を積極展開へ
• KNT-CTホールディングス代表・戸川和良氏 ―成長領域へのシフトと先行投資を
・ 日本旅行代表・丸尾和明氏、 ―次のステップへの重要な年、収益基盤を確立へ 
• 楽天 執行役員トラベル事業長・山本考伸氏 ―ビッグデータ活用で「予約」から「マッチング」へ進化を
• Booking.com 北アジア地区統括ディレクター ジェームス・ホワイトモア氏 ―インバウンドのリピーター拡大へ
・ ヤフー執行役員 小澤隆生氏 ― 「一休」など新たなグループ企業と化学反応を、高級路線に期待  
• エクスペディア・マーケティングディレクター木村奈津子氏 ― 付加価値や商品増でファン拡大へ
• JAL代表・植木義晴氏 ―「5年連続営業利益率10%以上」など3つの経営目標達成へ
• ANAホールディングスCEOの片野坂真哉氏 ―世界の70億人を視野に
• 新経済連盟代表理事 三木谷浩史氏 ―シェアリングエコノミーなど新時代のビジネス環境づくりを
• ソフトバンクグループ代表・孫正義氏 ―情報革命のけん引役として地球規模で貢献を
• 楽天代表 三木谷浩史氏 ―フィンテックなど3本柱で楽天経済圏拡大を