2015年の訪日外国人数は1973万人、中国・韓国などアジア4市場が7割超!

【図解】2015年の訪日外国人数は1973万人、中国・韓国などアジア4市場が7割超に -直近10年の推移グラフ
(トラベルボイス 1月19日)

http://www.travelvoice.jp/20160119-59140
日本政府観光局(JNTO)が2015年に日本を訪れた訪日外国人の人数(訪日外客数:推計値)を発表した。
前年比47.1%増の1973万7000人。2014年の1341万3000人を600万人上回った数字になった。
しかし中国人観光客の伸びは凄まじい107.3%増の499万人と倍増している。
韓国45.3%増の400万2100人。台湾29.9%増の367万7100人。香港64.6%増の152万4300人
上位4市場の東アジア諸国が占める割合が72%と、2014年の66%からさらにシェアを拡大した。
【ポイント】
2015年に日本を訪れた訪日外国人数は、前年比47.1%増の1973万7000人。2014年の1341万3000人を600万人上回った。
日本人出国数は4.1%減の1621万2100人。45年ぶりに訪日客と日本人の出国人数が逆転した。
訪日外国人数と出国日本人数の合計では、3500万を突破した。
主要20市場のうち、ロシアを以外の19市場で過去最高を記録。
中国は、前年比 107.3%増と倍増し499万人で首位。
韓国が45.3%増の400万2100人で初めて400万人台を突破。
台湾も初めて300万人台を突破し、29.9%増の367万7100人となった。
香港も初めて100万人台を突破。64.6%増の152万4300人で、人口720万人に対して5人に1人が訪日した。
上位4市場の東アジア諸国が占める訪日外国人数の割合が72%と、2014年の66%からさらにシェアを拡大した。
クルーズ船の寄港増加、航空路線の拡大、燃油サーチャージの値下がりによる航空運賃の低下が訪日外国人数の堅調な伸びに寄与した。
継続的な訪日旅行プロモーションで訪日旅行需要を拡大した。
円安による割安感が定着したこと、訪日ビザの大幅緩和、消費税免税制度の拡充なども増加を後押しした。

2015年12月の訪日外国人数は、前年同月比43.4%増の177万3000人。12月として過去最高だった。