クチコミで見る日本人と外国人の人気スポット比較! -トリップアドバイザー

クチコミ数で見る日本人と外国人の人気スポット比較、12都道府県のトップ10を発表 -トリップアドバイザー
(トラベルボイス 4月1日)

http://www.travelvoice.jp/20160401-64182
当然の結果と思えるものも多いが、日本人がつぶやく人気スポットと外国人がつぶやく人気スポットの違いに意外性も感じる。
12都道府県のうち関西の3府県(京都府、大阪府、兵庫県)を抽出してみた。
クチコミの少ない地域は、これから増えていくのだと思う。
【ポイント】
トリップアドバイザーは2015年に日本の観光地に寄せられたクチコミについて、日本語と外国語での投稿を集計結果を発表した。
その違いから、外国人旅行者の好みが見て取れる結果になった。

2015年1月~12月の期間、日本の観光地に関するクチコミ数は前年の約1.8倍に増加し、国内旅行と訪日旅行とも活況だった。
クチコミの日本語ではトップ3都県で33.6%のシェアだったのに対し、外国語では58%と半数を占めた。
【外国人旅行者のクチコミの割合】
都道府県別のランキングでは、日本語のトップ10に加え、外国語のクチコミ数が多かった広島県、長野県を加えた12都道府県で発表。
日本語と外国語の1位が同一内容だったのは、長野県の「上高地」のみだった。
「富士山」のように複数の県にまたがる観光地のクチコミは除いた集計となっている。