2015年度の訪日外客数は、45.6%増の約2135万9000人!

3月の訪日外客数は31.7%増の201万人、単月の記録更新
(トラベルビジョン 4月20日)
http://www.travelvision.jp/news-jpn/detail.php?id=72198
1月から3月の訪日観光客も順調に増えている。
2015年度(15年4月~16年3月)の訪日外客数は約2135万9000人と、2000万人を超えた。
訪日外国人旅行者向けの免税制度拡充をおこなわれるという。
訪日外国人にとって便利になることは良いことではあるが、訪日客数が増え、旅行消費額が増えることだけを喜んで良いのだろうか?
サスティナビリティの観光を目指すべきだと思う!
【ポイント】
2016年3月の訪日外国人旅行者数(推計値)は前年比31.7%増の200万9500人となり、単月で初めて200万人を突破するとともに、過去最高を記録した。
これまでの単月の最高記録は15年7月の約192万人。
2015年度(15年4月~16年3月)で見た場合は累計で45.6%増の約2135万9000人となった。

訪問者数の1位は中国で47.3%増の49万8100人。2位は韓国で39.5%増の37万4100人、3位は台湾で18.2%増の32万8400人、4位は香港で37.3%増の16万1000人、5位は米国で21.5%増の11万6200人だった。
 
桜のシーズンを迎えたことや、イースター休暇が今年は3月に前倒しとなったことで、欧米市場や一部のアジア市場からの訪日需要が増加したという。
【図解】訪日外国人数、2016年3月は単月初の200万人超え、花見やイースター休暇が需要をけん引
(トラベルボイス 4月20日)
http://www.travelvoice.jp/20160420-65462
外国人旅行者向け免税対象引下げを発表、5月から最低額5000円以上に ―観光庁
(トラベルボイス 4月20日)
http://www.travelvoice.jp/20160420-65490
5月1日より、訪日外国人旅行者向けの免税制度拡充をおこなわれる。
一般物品購入時は、これまで「1万円超」としていた最低額を「5000円以上」に引き下げ。
消耗品もこれまでの「5000円超」から「5000円以上」に変更。
単価が低い商品購入でも免税制度が利用しやすくなる。