なぜ?京都が「世界の人気都市ランキング」で2年連続1位→6位に!

なぜ?京都が「世界の人気都市ランキング」で2年連続1位→6位に

(IRORIO)
http://irorio.jp/nagasawamaki/20160707/333797/
このニュースはインバウンド関係者に衝撃が走った!
京都が「世界の人気都市ランキング」で2年連続1位から6位に下がったという。
最も多かったのが「電車・バスなどの公共交通機関」への不満だというが、実質的に「人が多い・混雑」というのが一番の理由だろう。
日本中の観光地が混雑の傾向にあり、この問題をうまくクリアしないかぎり外国人観光客に安定して選ばれる国にはなれない。
【ポイント】
アメリカの大手旅行雑誌「Travel+Leisure(トラベル・アンド・レジャー)」が、「ワールドベストアワード2016」を発表。
2014年・2015年と2年連続で世界都市ランキングで1位に輝いた「京都」が、今年は6位だった。
京都は2015年は91.22点、2014年は90.24点で2年連続1位だったが、今年は89.75点で6位となった。

• 1位 チャールストン(アメリカ)
• 2位 チェンマイ(タイ)
• 3位 サン・ミゲル・デ・アジェンデ(メキシコ)
• 4位 フィレンツェ(イタリア)
• 5位 ルアンパバン(ラオス)
• 6位 京都(日本)
• 7位 ニューオリンズ(アメリカ)
• 8位 バルセロナ(スペイン)
• 9位 サバンナ(アメリカ)
• 10位 ケープタウン(南アフリカ)
トラベル・アンド・レジャー誌で1位に選ばれた影響もあり、外国人宿泊者数が大幅に増加している。
日本人観光客の5割が「京都観光で残念なことがあった」と回答。
最も多かったのが「電車・バスなどの公共交通機関」への不満で、次いで「人が多い・混雑」という理由だ。
外国人観光客で「残念なことがあった」と回答した人は1割だったが、「公共交通機関に外国語表記が無い」「交通機関が複雑」など不満も。
「人が多い・混雑」に対する外国人の残念割合は、2013年は2.5%だったが、2014年には7.8%にまで上昇している。
「バスも道も非常に混んでいる」「観光地に人が多すぎる」といった不満がよせられている。