「ポケモンGO」は観光のブレークスルーになるか?

ポケモンGOは観光のブレークスルーになるか ―開発会社の兄弟ゲーム「イングレス」の事例で考えた
(トラベルボイス 7月22日)

https://www.travelvoice.jp/20160722-70817
ゲームをすることがない私にとって「ポケモンGO」も「イングレス」もよく分からないので備忘録として皆さんとも共有したい。
昔から、バーチャルなゲームをリアルの場で活用するというアイデアがあったが、GPS位置情報と地図情報、そして拡張現実(AR)が重ね合わされて実現することとなったようだ。
観光への活用は期待したいが、立ち入り禁止区間に入り込む問題や混雑場所を避けるなど、利用には一定のルールが必要なようだ。
【ポイント】
「ポケモンGO」の日本でのサービスが始まった。
ポケモンGOと同様の拡張現実(AR)と位置情報を活用したオンラインゲームとして、世界1500万以上のダウンロードを誇る「Ingress(イングレス)」の実績を踏まえ、考えた。

ポケモンGOとイングレスは、Googleのスタートアップから始まり、独立したNiantic(ナイアンティック)が開発・運営するゲーム。
根本のコンセプトはほぼ同じ。アプリのマップを使って現実の世界を移動し、ポケモンGOは位置情報で映し出される「ポケモン」を、イングレスは「ポータル」と呼ぶ実在する場所の位置情報の取得を競う。
イングレスの場合、プレイヤーが2つのチームのどちらかに所属し、チーム同士の陣取り合戦になっているのもポイント。オンラインに留まらず、現実世界でのイベントも各国で開催しており、仲間と一緒に楽しながらチーム成績を競う、ゲームやチームの一体感を強める要素にもなっている。
イングレスの場合、プレイヤーが2つのチームのどちらかに所属し、チーム同士の陣取り合戦になっているのもポイント。オンラインに留まらず、現実世界でのイベントも各国で開催しており、仲間と一緒に楽しながらチーム成績を競う、ゲームやチームの一体感を強める要素にもなっている。
ウィラートラベルがイングレスの世界観やゲームが体感できるバス「NL-PRIME」の運行を開始した。
ナイアンティックが重視している点は、(1)人を外の世界に連れ出すこと、(2)人と人同士を繋げることだという。
イングレスの場合、「我々は“隠された宝”と呼んでいるが、地域にある“光をあてるべき場所”(ポータル)をゲームの力で注目させ、足を運んでもらう」のが目的。
イベントで初対面のプレイヤー同士が知り合うきっかけとなるよう、自己紹介カードなども用意している。
「交流して仲間となることで、次は互いの居住地域や国に行く移動が起きる」からだ。
横須賀市や岩手県など、イングレスを観光振興に活用する地方自治体が少なくないのは、地域の魅力発掘や観光客誘致に合致するからだ。
イングレスのプレイヤー数は、米国が最大で日本は2番目。ドイツ、英国などのヨーロッパや台湾、香港などアジア圏も多く、幅広い。ただし、性年齢別では男性と18~44歳がそれぞれ8割。
ポケモンGOは、イングレス以上に幅広い対象がいるのは確実で、観光面での活用に拍車がかかりそうだ。
ポケモンGOは、熱烈なファン層に子どもがいる。ポケモンを集めるため家族旅行や遠出をする機会が増え、国内のみならず海外も対象になる。
ポケモン探しに両親や祖父母が同伴したり、一緒に参加することで、幅広い年齢層の人、特にシニア層が新しいテクノロジーに触れる機会となる。