世界の人気20都市の滞在費比較、最安はベトナム・ハノイ、東京は高値2位!

世界の人気20都市の滞在費比較、最安はベトナム・ハノイ、東京は高値2位に -トリップアドバイザー
(トラベルボイス 7月28日)
https://www.travelvoice.jp/20160728-70967


世界の人気観光地の旅行費用を比較されると、価格の高いところへ行きたいとは思わないなあ…
旅行費用が高くても、わざわざ選ばれるにはそれだけの価値がなければならない。
日本の旅行費用は高いようだが、世界と比較して、価値の高いものを提供できているのか客観的な分析が必要だ。


【ポイント】
トリップアドバイザーが、世界の人気観光地20都市への旅行費用を比較した「旅行者物価指数(トリップインデックス)2016」を発表した。
四つ星ホテルに2名で3泊する前提で、費用が最も安い都市は3年連続でベトナムのハノイ。費用は5万810円だった。
9位までが宿泊・飲食・観光を含めた合計が10万円以下となっている。

費用がもっとも高い都市は米ニューヨーク(18万6790円)だった。ニューヨークは宿泊料にもっともコストがかかる。
2位は東京の15万5390円だった。東京は食事とタクシー代が20都市の中で最高価格。メキシコのカンクンは観光入場料が最高値となった。



この調査は、トリップアドバイザーに掲載された、2016年6月20日~9月30日の食事、ツアー、アクティビティなどの観光、タクシー代、宿泊費をもとにしたもの。
対象は、海外からの旅行者が多い20都市。例えば食事は一般的な料理2人分、夕食には副菜とメイン料理とワンボトル1本を注文するなど、条件をそろえて計算。また、宿泊は4つ星ホテルで合計3か所の観光スポットを訪問する前提とした。