7月の経常収支は1.9兆円の黒字 訪日外国人増で旅行収支は1474億円と過去最大!

7月の経常収支は1・9兆円の黒字 訪日外国人増で旅行収支は過去最大

(産経新聞 9月8日) 
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/160908/mca1609080955016-n1.htm
訪日外国人が増え、旅行収支の黒字が11.5%増の1474億円と、7月として最大だったという。
爆買いが沈静化しているなかで旅行収支の黒字が増加しているのは、訪日外国人が増加しているからだ。
これまでの訪日観光でショッピングばかりが注目を集めたが、ショッピング以外へ消費額が増えているのはモノからコトへの移行の表れでもある。
さらなるリピータ率を高める方策が求められる。
【ポイント】
7月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支の黒字額は前年同月比8.0%増の1兆9382億円だった。
原油安による輸入額の減少や、訪日外国人旅行者の伸びが寄与した。
経常収支の黒字は25カ月連続。輸出から輸入を差し引いた貿易収支が6139億円の黒字に転じた。

訪日外国人が増え、旅行収支の黒字は11.5%増の1474億円と、比較可能な1996年以降では7月として最大だった。
海外投資から得られる利子や配当の動向を示す第1次所得収支の黒字は23.6%減の1兆6938億円だった。