訪日外国人数、9月は19%増の191.8万人、中国の伸び鈍化も昨年累計を突破!

【図解】訪日外国人数、9月は19%増の191.8万人、中国は1ケタ伸びで鈍化も昨年累計を突破(速報)
(トラベルボイス 10月19日)
https://www.travelvoice.jp/20161019-76301


9月の訪日外国人数(訪日外客数:推計値)は前年同月比19.0%増の191万8200人。
1月からの累計は前年比24.1%増の1797万7700人。昨年の年間累計 (1973万7400人)到達まであと約176万人、11月初旬には更新するという。
増加率こそ昨年の半分以下になるが、訪日外客数は確実に増えている。
この訪日外国人を日本のファンにして、リピーターをさらに増やす施策が求められる。


【ポイント】
2016年9月の訪日外国人数(訪日外客数:推計値)は前年同月比19.0%増の191万8200人となった。9月として過去最高。
1月からの累計は前年比24.1%増の1797万7700人。昨年の年間累計 (1973万7400人)到達まであと約176万人となっている。

1位:中国52万2300人(前年同月比6.3%増)。1月からの累計は500万7200人(同30.5%増)に達し、すでに前年の年間累計(499万人)を超えた。
2位:韓国43万600人(同42.8%増)と、熊本地震の発生以来はじめて前年比4割増を超える伸びを記録。
インドネシアやタイ、フィリピンなど東南アジアも3割増以上で好調。公表されている20市場のうちロシア以外の19市場で9月として過去最高だった。

JNTOは9月の結果について、韓国の秋夕(チュソク、旧盆休暇)や中華圏の中秋節、マレーシアの学校休暇といった旅行しやすい日並びの良さに加え、航空路線の新規就航・増便が堅調な伸びにつながったとしている。
台風の影響でキャンセルが重なったものの、中国を中心に70隻以上のクルーズが寄港した。