台湾人と中国人の見分け方! 台湾人スタッフに聞いてみた

台湾人と中国人の見分け方があるって本当!? 台湾人スタッフに聞いてみた

(イロドリ インバウンドニュース 11月24日)
https://irodori2u.co.jp/f00193/?utm_source=Irodori+Mail+Magazine&utm_campaign=c35d2233ba-201612FH&utm_medium=email&utm_term=0_7434297140-c35d2233ba-143160005&ct=t(201612FH_20161214)
中国語の方言はおおよそ7つあり、北京語は9億人が使用しており、中国語を母語とする人は約12億人と世界最大の言語となるようだ。
訪日する中国人(本土)、台湾人、香港人と、それぞれ使用言語や文字が違う。
中国人(本土)、台湾人、香港人の判別が難しい…
そのようななかで、このレポートは判別の助けになるだけでなく、国民性の違いまで感じさせてくれる。
【ポイント】
株式会社イロドリの台湾人スタッフのシュさんに「台湾の人と中国の人を見分けているのか?」を聞いてみました。
台湾と中国では共通の言語として中国語の標準語となる北京語(普通語)を話しますが、発音などは微妙に異なっています。
更に文字は台湾は繁体字を使用し、中国は簡体字を使用します。
台湾人が使用する繁体字では 歡迎光臨
中国人が使用する簡体字では 欢迎光临
日本人の店員に英語で話しかけてくるのは台湾人、中国語で話しかけてくるのは中国人というケースが傾向としては多いが、言葉で判断するのは非常に難しい。
パスポートの色で見分ける。
中国は赤
台湾は緑
香港は青と赤 (青は中国のパスポートで、赤はイギリス海外国民パスポート)
スマートフォンを口の前にかざして喋っているのはぼぼ中国人
中国人が使うWeChatにボイスチャットの機能があり、中国の人は指でタイプするよりもボイスチャットを多用する傾向にある。
台湾人はボイスチャット機能を「恥ずかしいから使わない」という人が多い。
中国ではMCMのカバンが大人気で、ピンがたくさん刺さっているものを持っていれば中国人である可能性が非常に高い。
台湾ではMCMの人気はないとのことです。(台湾ではスウェーデンのアウトドアブランドFJALL RAVEN(フェールラーベン)のKANKENバッグが人気)
どこの国の人なのを知る最も簡単な方法は「どこから来たの?」と本人に聞くことです。
Where are you from?という英語は多くの人に通じるはずですので、ぜひ積極的にコミュニケーションをとってみてください。