訪日中国人はなぜこんなにも日本に魅力を感じるのか!

昨年は600万人が訪日、中国人はなぜこんなにも日本に魅力を感じるのか―中国メディア
(Record china 2017年1月13日)
http://www.recordchina.co.jp/a160743.html


日本でも世界の国でも、中国人観光客が最も多い。
海外旅行に出ることがほとんど許されなかった人々が大挙して海外の国に押し寄せているのだ。
見るものすべてが珍しく、買い物に走った。
それが多様化していくのは、自然の流れだ。


【ポイント】
2016年の訪日外国人観光客が前年比22%増の2403万9000人と過去最多だった。
訪日外国人は2013年に初めて1000万人を突破して以降、2014年には1341万人、2015年には1974万人と増加を続けている。 
2016年の中国人観光客は9月までで500万人を突破しており、通年では600万人と全体の4分の1を占めるとみられる。

(中国人が日本旅行する理由) 
「ショッピング」 中国では、同じ中国製でも国内向けと日本向けでは品質評価基準が異なるため、日本で販売されている方が品質が高いと考えている。 
「アニメ産業」 中国や台湾、香港でもアニメのコアなファンがいたり、アニメグッズを買いたいという理由で日本旅行するファンがいる。

地理的に近く子どもや高齢者が一緒でも負担にならないこと、中心都市だけでなく地方にもそれぞれの魅力があることなどが挙げられている。
今年の訪日外国人観光客は2700万人に達すると予想されており、中国人観光客も引き続き大きな部分を占めることになりそうだ。