【図解】訪日外国人数、2017年1月は24%増の229万人!

【図解】訪日外国人数、2017年1月は24%増の229万人、韓国と豪州は単月最高に(速報)

(トラベルボイス 2017年2月15日)
https://www.travelvoice.jp/20170215-83240
2017年の春節は1月28日で、1月27日(除夕)~2月1日(初五)の6日間が連休になり、中華圏からの訪日旅行者が増加した。
訪日観光客の伸び率が12月は15.6%と、昨年の7月以降20%を切っていただけに、24.0%という数字は明るい話題だ。
中国63万600人(32.7%増)。韓国62万5400人(21.5%増)。台湾35万800人(9.3%増)。香港18万5500人(48.4%増)の4カ国の実績は大きい。
【ポイント】
2017年1月の訪日外国人数(訪日外客数:推計値)は前年同月比24.0%増の229万5700人。単月過去最高を記録した。
2016年7月の229万6451人にわずかな差で迫り、単月で過去2番目となっている。

2017年は旧正月休暇が1月末から始まったことで中華圏からの訪日旅行者が増加した。
クルーズの寄港増や航空路線の新規就航・増便、継続的な訪日旅行プロモーションも功を奏した。
トップは中国で、前年同月比32.7%増の63万600人。次いで韓国が21.5%増の62万5400人。
伸び率ではマレーシアが73.9%増(3万4500人)、インドネシアが63.8%増(2万2500人)と大幅な伸びを記録。
韓国と豪州(9%増の6万1100人)は単月として過去最高となった。