東京五輪、日本全国の経済効果の総額は約32兆円!

東京五輪、経済効果の総額は約32兆円に-東京都試算
(トラベルビジョン 2017年3月9日)
http://www.travelvision.jp/news-jpn/detail.php?id=76804


東京五輪、経済効果の2013年から2030年までの総額は、東京都のみで20兆4407億円、全国では約32兆円だという。

東京都の開催に直接関わる「直接的効果」は3兆3919億円、大会後を見据えた「レガシー効果」は17兆488億円となり、全国の「直接的効果」は5兆2162億円、「レガシー効果」は27兆1017億円だった。
オリンピック開催による「直接効果」が東京より全国の方が大きく、この「直接的効果」より「レガシー効果」のほうがさらに大きいことに驚く。
オリンピックはイベントに過ぎない、オリンピックをきっかけにして日本を知り、日本を訪れる人が増えることに期待したい。

【ポイント】
2020年に開催するオリンピック・パラリンピック大会にともなう東京都内および全国への経済波及効果(生産誘発額)の試算を東京都が発表した。
開催が決定した13年から、開催から10年後の30年までの推計によると、東京都のみで20兆4407億円、全国では32兆2179億円となった。

開催に直接関わる投資や支出により発生する東京都の「直接的効果」は3兆3919億円、大会後を見据えた「レガシー効果」は17兆488億円となった。
全国を見た場合の「直接的効果」は5兆2162億円、「レガシー効果」は27兆1017億円だという。

このうち観光関連の項目を見ると、直接的効果では大会参加者・観戦者の支出などが含まれる「その他」が5690億円。
レガシー効果ではイベントなどの観客の増加などを含む「スポーツ、都民参加・ボランティア、文化、教育・多様性」が8159億円、観光需要の拡大などを含む「経済の活性化・最先端技術の活用」が9兆1666億円となった。

雇用誘発数は、東京都の直接効果で20万6676人、レガシー効果で108万9376人の計129万6052人を予想。
全国は直接的効果で30万6265人、レガシー効果で163万32674人の計193万8939人になると試算した。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆