関空、17年夏の国際線は過去最高の週1126便、LCCは34%!

関空、17年夏の国際線は過去最高の週1126便、LCCは34%に

(トラベルビジョン 2017年3月23日)
http://www.travelvision.jp/news-jpn/detail.php?id=76997
関空の国際線定期便が順調に伸びている。
7月のピーク時の週間旅客便数は、16年夏ダイヤ比17便増の1126便となり、過去最高だ。
FSCは748便、LCCは378便で、LCCが占める割合は0.7ポイント増の33.6%となった。
2017年の訪日外国人数も16%増の2800万人とみずほ総研が予想するなか、さらに利用便数が伸びるのだろう。
【ポイント】
関西国際空港(関空)の2017年夏ダイヤ期間(3月26日~10月28日)における国際線定期便運航計画を発表した。
7月のピーク時の週間旅客便数は、16年夏ダイヤ比17便増の1126便となり、過去最高となる見込み。
このうちFSCは4便増の748便、LCCは13便増の378便で、LCCが占める割合は0.7ポイント増の33.6%となった。
16年冬ダイヤ比では週間旅客便数は11便増加する。
方面別では、訪日需要の増加に伴い、韓国が16年夏ダイヤ比29便増の284便、中国が14便増の449便と大きく増加した。
ハワイを含む北米は8便増の56便。
便数が最も減少したのは台湾で、トランスアジア航空(GE)の事業停止などにより25便減の140便と大幅に減少。
欧州はターキッシュエアラインズ(TK)が1月末でイスタンブール線を運休したことで7便減の26便となった。
オセアニアや中東、極東アジアなどの「その他」は3便減の39便。
国内線旅客便は、バニラエア(JW)が3月18日に函館線を、26日に奄美大島線をそれぞれ1日1便で開設。
6月までのピーク時における1日あたりの便数は、5便増の72便となる。LCCの占める割合は56.9%だった。

大阪国際空港(伊丹)における国内線旅客便の1日あたりの便数は、16年夏ダイヤと同様の185便だった。