2016年における日本のAirbnbによる経済効果は9,200億円と推計!

Airbnb「日本における短期賃貸に関する活動レポート」公開、日本での2016年のAirbnbによる経済効果は9,200億円と推計

(MINPAKU Biz 2017.04.24)
http://min-paku.biz/news/airbnb-nihon-tankichintai-report.html
Airbnbによると、2016年のインバウンドゲストは370万人以上、2015年の137万人と比較して2.7倍になったという。
2016年の訪日外国人数2404万人、2015年からの増加数430万人のうち、単純計算で233万人がAirbnbを介して宿泊したことになる。
違法民泊でなければ問題はないが、民泊も「持続性のある観光」を目指す一員でなければならない。
【ポイント】
Airbnbコミュニティのデータを基にした「日本における短期賃貸に関する活動レポート」が発表された。
2016年にAirbnbコミュニティが創出した利益は4,061億円であり、その経済効果は9,200億円に及ぶと推計。
2015年の経済効果5,207億円の約1.8倍。
Airbnbホストのホスティングによる標準的な年間収入額は100万4,800円だった。

2016年の一般的なAirbnbホストの年間貸し出し回数は89泊し、370万人以上のインバウンドゲストがAirbnbのリスティング(部屋)に宿泊した。
2015年の137万人と比較して2.7倍であり、1人あたりの平均宿泊日数は3.4泊となった。

宿泊利用率は、1位大阪府、2位東京都、3位福岡県、4位奈良県、5位広島県、6位沖縄県、7位徳島県、8位群馬県、9位高知県、10位栃木県であった。
Airbnbは2016年10月に岩手県釜石市と覚書を締結したことを受け、5月より新たに釜石市のリスティングも加わる。

滞在都市は、東京、大阪、京都、福岡、札幌、那覇、名古屋、広島、沖縄、名護と、宿泊利用に比べ広い範囲を示している。
東京はAirbnbの新たなサービス「ガイドブック」機能の導入により「体験」において世界2位の人気を誇っている。

Airbnbを利用した訪日ゲスト数を国別で見てみると、韓国、中国、アメリカ、香港、台湾の順に多い。